ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

ファイル インストール キーを使用する製品のインストール

インストール前の準備

インストーラーを実行する前に、以下の準備を行います。

  • ファイル インストール キーとライセンス ファイルをお手元にご用意ください。これらは、ネットワーク接続なしにインストールとアクティベーションを実行する際に必要になります。

    ファイル インストール キーによって、インストール可能な製品が特定されます。ライセンス ファイルでは、実行できる製品が特定され、インストールがアクティベートされます。ライセンス管理者は、MathWorks® Web サイトのライセンス センターから、ファイル インストール キーとライセンス ファイルを取得できます。

  • お使いのコンピューターの既定のダウンロード フォルダーまたは DVD に製品ファイルが存在することを確認します。

    MathWorks & Simulink® Student Version には DVD は含まれていません。製品をインストールするには、MathWorks に接続しなければなりません。

  • インストールの実行に適した権限があることを確認してください。これに関する質問は、システム管理者に問い合わせてください。

      メモ:   ソフトウェアをインストールするために管理者アカウントまたはルート権限を使用しますが、通常、管理ユーザー アカウントに対してはソフトウェアのアクティベーションを行いません。ソフトウェアをアクティベートするときは、ソフトウェアの使用者となるこれらの権限をもたないアカウントを指定します。管理者権限またはルート権限をもつユーザーとして MATLAB® を実行することは推奨しません。

    • Windows システム — 使用しているコンピューターの管理者アカウントの名前とパスワードを取得します。インストーラーによってインストール中にシステム レジストリが変更されます。

    • Linux システム — ルート パスワードを取得します。MATLAB ソフトウェアはスーパーユーザー権限がなくてもインストールできますが、特定のインストール オプションが制限されます。たとえば、matlab コマンドへのシンボリック リンクの設定、保護されているフォルダーへの製品ファイルのインストール、またはシステム起動スクリプトの編集を行うには、スーパーユーザーのステータスを保有していなければなりません。

    • Mac OS X システム — 使用しているコンピューターの管理者アカウントの名前とパスワードを取得します。管理者アカウントは Mac OS X システムの構成時に設定したユーザー アカウントで、MathWorks アカウントではありません。インストール中に、この名前とパスワードを以下に示す [Authenticate] ダイアログ ボックスに入力しなければなりません。

  • インストール中は、システムのウイルス対策ソフトウェアとインターネット セキュリティ アプリケーションを無効にしてください。これらのアプリケーションによって、インストールの処理が遅くなったり、反応がなくなったように見えたりすることがあります。

インターネットに接続している場合は、「MathWorks アカウントを使用する製品のインストール」の説明に従ってください。MathWorks では、インターネット接続を使用してインストールとアクティベーションを行うことを推奨しています。

この手順は、スタンドアロンまたはネットワーク ライセンス オプションをインストールする場合に使用できます。ネットワーク ライセンス オプションでこの方法を使用する場合は、ライセンス ファイルのパスを指定して、ライセンス マネージャーを設定するかどうかを選択しなければなりません。これらの追加手順の詳細は、「ネットワーク構成におけるクライアント システムへの MathWorks ソフトウェアのインストール」を参照してください。

手順 1: インストーラーの起動

    メモ:   MathWorks & Simulink Student Version には DVD は含まれていません。製品をインストールするには、MathWorks に接続しなければなりません。

  1. MathWorks Web サイトからインストーラーをダウンロードするか、お持ちの MathWorks 製品の DVD を用意します。

    Web サイトでインストーラーを選択すると、製品ファイルではなく、選択したプラットフォームでインストーラーを実行するために必要なファイルが渡されます。インストーラーを実行して、ログインしているコンピューターにインストールする製品を選択します。必要に応じて、インストーラーが MathWorks から製品をダウンロードします。

  2. インストーラーを起動します。インストーラーの起動方法は、プラットフォームによって異なります。また、MathWorks Web サイトからインストーラーをダウンロードしたか、DVD を使用するかによっても異なります。

    • Windows

      • ダウンロードしたインストーラー ファイル — MathWorks Web サイトでインストーラーを選択したときに [実行] をクリックすると、インストーラーが自動的に起動します。インストーラーを保存した場合は、保存先のフォルダーにある自己解凍形式のインストーラー ファイルをダブルクリックします。自己解凍形式のインストーラー ファイルの名前は matlab_release_$ARCH です。release はインストールするリリース (R2014a など)、$ARCH は選択したアーキテクチャを示します。

        解凍の完了後に、インストーラーが自動的に起動します。

        後でインストーラーを再起動するには、setup.exe をクリックします。このファイルは、ファイルを解凍したフォルダーの最上位にあります。

      • DVD によるインストール — システムに接続されている DVD ドライブに DVD を挿入します。通常、インストーラーが自動的に起動します。

    • Mac OS X

      • ダウンロードしたインストーラー ファイル — MathWorks Web サイトからダウンロードしたアーカイブ ファイルをダブルクリックして、ファイルを解凍します。ファイルの解凍後、インストーラー フォルダーを開いて、InstallForMacOSX.app をダブルクリックします。

      • DVD によるインストール — システムに接続されている DVD ドライブに DVD を挿入します。DVD アイコンがデスクトップに表示されたら、アイコンをダブルクリックして DVD の内容を表示し、InstallForMacOSX アイコンをダブルクリックしてインストールを開始します。

    • Linux

      • ダウンロードしたインストーラー ファイル — unzip コマンドを使用して、MathWorks Web サイトからダウンロードしたアーカイブ ファイルからファイルを解凍します。ファイルの解凍後、次のインストーラー コマンドを実行します。

        ./install
        

        DVD によるインストール — システムに接続されている DVD ドライブに DVD を挿入し、次のコマンドを実行します。

        /path_to_dvd/install &

        システムの構成によっては、最初に DVD をマウントしなければならないことがあります。以下のように入力して、実行権限のあるシステムでマウントしてください。DVD ドライブの名前はお使いのシステムで異なる場合があります。

        mount -o exec  /media/cdrom0
        

手順 2: ファイル インストール キーを使用するインストール

インターネットに接続していなくてもコンピューターまたは DVD に製品ファイルが存在する場合は、[ファイル インストール キーを使用する] オプションを選択し、[次へ] をクリックします。

手順 3: ライセンス許諾書の確認

ソフトウェア ライセンス許諾書を確認し、条件に同意する場合は [はい] を選択し [次へ] をクリックします。

手順 4: ファイル インストール キーの指定

インターネットへ接続せずに、手動インストールを選択した場合、[ファイル インストール キー] ダイアログ ボックスが表示されます。ファイル インストール キーによって、インストール可能な製品が特定されます。

キーを保有している場合は、[ライセンスに対するファイル インストール キーを保有しています] オプションを選択して、ファイル インストール キーを入力し、[次へ] をクリックします。ファイル インストール キーは、ライセンス管理者が MathWorks Web サイトのライセンス センターから取得できます。

キーを保有していない場合は、[ファイル インストール キーがありません。] オプションを選択して、[次へ] をクリックします。インストーラーには、キーの取得に必要な情報が表示されます。

ファイル インストール キーがない場合

[インストールとアクティベーションの次のステップ] ダイアログ ボックスには、MathWorks Web サイトのライセンス センターからファイル インストール キーを取得するために必要な情報が表示されます。この情報は、次の項目を含みます。

  • ホスト ID

  • リリース番号 (例: R2014a)

  • オペレーティング システムのユーザー名 (アクティベーション時にはユーザー名の大文字と小文字が区別されます)。

ファイル インストール キーを取得するには、次の手順に従います。

  1. このダイアログ ボックスに表示される情報をコピーし、[終了] をクリックしてインストーラーを終了します。Windows および Linux システムでは、[印刷]/[Print] をクリックして情報を印刷できます。

  2. インターネットに接続しているコンピューターに移動し、MathWorks Web サイトのアカウントにログインします。

  3. ライセンス センターにアクセスし、このダイアログ ボックスに表示されていた情報を入力します。MathWorks では、この情報を使用してライセンス ファイルとライセンス用のファイル インストール キーを生成します。

  4. インストールを実行するコンピューターに戻り、インストーラーを再実行します。ファイル インストール キーとライセンス ファイルの取得により、インターネットに接続していなくてもソフトウェアをインストールし、アクティベートできるようになりました。

手順 6: インストール フォルダーの指定

MathWorks 製品をインストールするフォルダーの名前を指定します。既定のインストール フォルダーを使うか、[参照] をクリックして別のフォルダーを選択します。指定したフォルダーが存在しない場合は、インストーラーによって作成されます。

フォルダー名を指定するときは、任意の英数字に加えて、アンダースコアなどの一部の特殊文字を使用できます。フォルダー名の入力を誤った場合にやり直すには、[既定のフォルダーに戻す] をクリックします。選択を行ったら、[次へ] をクリックします。

手順 7: インストールする製品の指定

[製品選択] ダイアログ ボックスで、インストールする製品を指定します。このダイアログ ボックスには、選択したライセンス、または指定したアクティベーション キーに関連付けられているすべての製品が一覧表示されます。ダイアログ ボックスでは、すべての製品があらかじめ選択された状態になっています。インストール対象外の製品がある場合は、製品名の横のチェック ボックスをオフにします。

インストールする製品の選択が完了したら、[次へ] をクリックしてインストールを続行します。

手順 8: インストール オプションの指定

プラットフォームに応じて、次のようないくつかのインストール オプションを指定できます。

Windows システム

Windows では、[インストール オプション] ダイアログ ボックスで、[スタート] メニューとデスクトップに MATLAB の起動用ショートカットを配置するかどうかを選択できます。

インストール オプションを選択したら、[次へ] をクリックしてインストールを続行します。

Linux システム

Linux システムでは、matlab および mex スクリプトへのシンボリック リンクを作成するかどうかを指定できます。書き込み権限のあるフォルダーを指定します。すべてのユーザーのパスに共通する、/usr/local/bin などのフォルダーにしてください。

インストール オプションを選択したら、[次へ] をクリックしてインストールを続行します。

手順 9: 選択内容の確認

ソフトウェアをハード ディスクにインストールする前に、インストーラーにインストール内容の要約が表示されます。設定を変更するには、[戻る] をクリックします。インストールを続行するには、[インストール] をクリックします。

手順 10: インストールの完了

インストールが正常に完了すると、[インストールの完了] ダイアログ ボックスが表示されます。このダイアログ ボックスでは、インストールしたソフトウェアのアクティベーションを行うかどうかを選択できます。インストールしたソフトウェアは、アクティベーションを行うまで使用できません。MathWorks では、インストール後すぐにアクティベーションを行うことを推奨しています。[次へ] をクリックして、アクティベーションを実行します。

アクティベーションを行わずにインストーラーを終了する場合は、[MATLAB のアクティベーション] オプションをオフにします。ボタンのラベルが変更されるので、[終了] をクリックします。この場合は、アクティベーション アプリケーションを使用して、後でアクティベーションを行うことができます。

この情報は役に立ちましたか?