ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

インストール後の作業

MathWorks® ソフトウェアのインストールとアクティベーションを終えたら、インストールをカスタマイズするためにいくつかのオプションの作業を行うことができます。たとえば、MATLAB® 起動フォルダーを指定できます。これらのオプションの詳細は、インストールに関するドキュメンテーションを参照してください。この節では、インストール後のその他の作業について説明します。

MATLAB 起動アクセラレータの構成

ご使用のコンピューターに MathWorks 製品をインストールすると、MATLAB 起動アクセラレータという、MATLAB の起動を高速化できるユーティリティ プログラムがインストールされます。既定では、インストーラーによってこのユーティリティが、毎日数回実行されるようにスケジュールが設定されたタスクとしてコンピューターに構成されます (この既定の動作の変更に関する詳細は、「MATLAB 起動アクセラレータを構成しないインストール」を参照してください)。

この構成は変更する必要はありませんが、起動アクセラレータは特定の MATLAB 使用パターンに合わせて実行するように調整すると最も適切に機能します。たとえば、既定では起動アクセラレータは毎日午前 8 時と午後 1 時、またはコンピューターにログオンするたびに実行されます。起動アクセラレータを最大限に活用するには、通常 MATLAB を起動する直前の時刻に実行をスケジュールします。

この構成を変更するには、Windows タスク スケジューラを使用します。Windows タスク スケジューラでは、これらの起動時刻は "トリガー" と呼ばれています。これらのトリガーを変更して、起動アクセラレータを実行する時刻をカスタマイズします。また、トリガーを追加または削除したり、起動アクセラレータのタスクを完全に削除したりすることもできます。次の節では、Windows タスク スケジューラを使用して、起動アクセラレータの実行時刻を変更する方法を説明します。タスク スケジューラの詳細は、Windows のドキュメンテーションを参照してください。

MATLAB 起動アクセラレータの実行時刻の変更

MATLAB 起動アクセラレータをコンピューターで実行する時刻を変更するには、Windows タスク スケジューラを使用します。

  1. Windows タスク スケジューラを起動します。Windows の [スタート] メニューで検索文字列として「タスク スケジューラ」と入力して、Enter キーを押します。

  2. コンソール ツリーで [タスク スケジューラ ライブラリ] をクリックしてスケジュールされたタスクを表示し、設定を変更するため [MATLAB R2013b Startup Accelerator] をダブルクリックします。

  3. タスクを起動するスケジュール時刻を変更するには、タスクのプロパティのダイアログ ボックスで [トリガー] タブをクリックします。表示されたトリガーの一覧で、変更するトリガーを選択して、[編集] をクリックします (新しいトリガーを追加するには、[新規] をクリックします。トリガーを削除するには、トリガーを選択して [削除] をクリックします)。

  4. タスクの実行のスケジュール時刻を変更するには、新しい時刻を入力して [OK] をクリックします。

この情報は役に立ちましたか?