ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

worldToIntrinsic

クラス: imref3d

ワールド座標から固有座標への変換

構文

[xIntrinsic,yIntrinsic,zIntrinsic] = worldToIntrinsic(R,xWorld,yWorld,zWorld)

説明

[xIntrinsic,yIntrinsic,zIntrinsic] = worldToIntrinsic(R,xWorld,yWorld,zWorld) は、空間参照オブジェクト R で定義された関係に基づいて、点の位置をワールド座標系 (xWorld, yWorld, zWorld) から固有座標系 (xIntrinsic, yIntrinsic, zIntrinsic) にマッピングします。ワールド座標系でのイメージの範囲外の値が入力に含まれている場合、worldToIntrinsic メソッドは、worldXworldY および worldZ を固有座標系でイメージの境界の外側に外挿します。

入力引数

R

イメージに関連付けられている空間参照オブジェクト imref3d

xWorld

ワールド座標系の X 次元に沿った座標であり、数値スカラーまたは数値ベクトルとして指定されます。

yWorld

ワールド座標系の Y 次元に沿った座標であり、数値スカラーまたは数値ベクトルとして指定されます。

zWorld

ワールド座標系の Z 次元に沿った座標であり、数値スカラーまたは数値ベクトルとして指定されます。

出力引数

xIntrinsic

固有座標系の X 次元の座標であり、数値スカラーまたは数値ベクトルとして返されます。

yIntrinsic

固有座標系の Y 次元の座標であり、数値スカラーまたは数値ベクトルとして返されます。

zIntrinsic

固有座標系の Z 次元の座標であり、数値スカラーまたは数値ベクトルとして返されます。

すべて展開する

ワールド座標から固有座標への変換メソッドの説明

イメージを読み取ります。

I = imread('peppers.png');

イメージと関連付けられた imref3d オブジェクトを作成します。

R = imref3d(size(I))
R = 

 imref3d

  Properties:
           XWorldLimits: [0.5000 512.5000]
           YWorldLimits: [0.5000 384.5000]
           ZWorldLimits: [0.5000 3.5000]
              ImageSize: [384 512 3]
    PixelExtentInWorldX: 1
    PixelExtentInWorldY: 1
    PixelExtentInWorldZ: 1
    ImageExtentInWorldX: 512
    ImageExtentInWorldY: 384
    ImageExtentInWorldZ: 3
       XIntrinsicLimits: [0.5000 512.5000]
       YIntrinsicLimits: [0.5000 384.5000]
       ZIntrinsicLimits: [0.5000 3.5000]

ワールド座標を固有座標に変換します。この例では、ワールド座標が固有座標と一致しています。

 [x y z] = worldToIntrinsic(R,5,5,3)
x =

     5

y =

     5

z =

     3
この情報は役に立ちましたか?