ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

構文

I2 = imhmin(I,h)
I2 = imhmin(I,h,conn)

説明

I2 = imhmin(I,h) は、I の深さが h より小さいすべての最小値を設定した値にします。ここで、I はグレースケール イメージで、h はスカラーです。

局所的な最小値は、同じ強度値をもつ連結された要素のピクセルで、その外側の境界のピクセル値はすべてこの強度値より大きい値です。

既定の設定では、imhmin は、2 次元イメージに対して 8 連結近傍を使用し、3 次元イメージに対して 26 連結近傍を使用します。高次元に対しては、imhminconndef(ndims(I),'maximal') を使用します。

I2 = imhmin(I,h,conn) は、conn が連結数を指定する H-minima 変換を計算します。conn は、次のスカラー値のいずれかを使用します。

意味

2 次元連結数

4

4 連結近傍

8

8 連結近傍

3 次元連結数

6

6 連結近傍

18

18 連結近傍

26

26 連結近傍

連結数は、conn01 を要素とする 3 × 3 × ... × 3 行列として使用することにより、任意の次元に対して一般的に定義できます。値 1 をもつ要素は、conn の中央要素を基準に近傍の位置を定義します。conn は、その中心要素に関して対称でなければなりません。

クラス サポート

I は、非スパース数値クラスで任意の次元です。I2I と同じサイズです。

コード生成

imhmin は、MATLAB からのコード生成をサポートします。効率のよい、製品レベルの品質をもつ C/C++ コードを生成できます。この関数で生成されるコードでは、プリコンパイルされた、プラットフォーム固有の共有ライブラリを使用します。コード生成をサポートするツールボックス関数の詳細な一覧を確認するには、「サポートされる関数」を参照してください。

2 つの局所的な最小値をもつサンプル イメージを作成します。

a = 10*ones(10,10);
a(2:4,2:4) = 7;  
a(6:8,6:8) = 2  

a =

    10    10    10    10    10    10    10    10    10    10
    10     7     7     7    10    10    10    10    10    10
    10     7     7     7    10    10    10    10    10    10
    10     7     7     7    10    10    10    10    10    10
    10    10    10    10    10    10    10    10    10    10
    10    10    10    10    10     2     2     2    10    10
    10    10    10    10    10     2     2     2    10    10
    10    10    10    10    10     2     2     2    10    10
    10    10    10    10    10    10    10    10    10    10
    10    10    10    10    10    10    10    10    10    10

設定した値より小さいすべての極小値を抑えます。ここで、ピクセル値 7 をもつ領域が、変換されたイメージでは消えていることに注意してください。

b = imhmin(a,4)

b =

    10    10    10    10    10    10    10    10    10    10
    10    10    10    10    10    10    10    10    10    10
    10    10    10    10    10    10    10    10    10    10
    10    10    10    10    10    10    10    10    10    10
    10    10    10    10    10    10    10    10    10    10
    10    10    10    10    10     6     6     6    10    10
    10    10    10    10    10     6     6     6    10    10
    10    10    10    10    10     6     6     6    10    10
    10    10    10    10    10    10    10    10    10    10
    10    10    10    10    10    10    10    10    10    10

参考文献

[1] Soille, P., Morphological Image Analysis: Principles and Applications, Springer-Verlag, 1999, pp. 170-171.

参考

| | | |

この情報は役に立ちましたか?