ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

imcolormaptool

カラーマップの選択ツール

構文

imcolormaptool
imcolormaptool(hclientfig)
hfig = imcolormaptool(...)

説明

カラーマップの選択ツールは対話型のカラーマップ選択ツールで、MATLAB® カラーマップ関数またはワークスペース変数のリストからカラーマップを選択したり、カスタムの MATLAB 式を入力して、ターゲット (現在) の Figure のカラーマップを変更できます。

imcolormaptool は、カラーマップの選択ツールを別の Figure に起動し、ターゲットの Figure と関連付けます。

imcolormaptool(hclientfig) は、hclientfig をターゲットの Figure として使用してカラーマップの選択ツールを起動します。hclientfig は、グレースケール イメージまたはインデックス付きイメージでなければなりません。

hfig = imcolormaptool(...) は、カラーマップの選択ツール hfig のハンドルを返します。

h = figure;
imshow('cameraman.tif');
imcolormaptool(h); 

カラーマップの選択ツール

参考

| |

この情報は役に立ちましたか?