ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

im2java2d

イメージを Java バッファー イメージに変換

構文

jimage = im2java2d(I)
jimage = im2java2d(X,MAP)

説明

jimage = im2java2d(I) は、イメージ I を Java イメージ クラス java.awt.image.BufferedImage のインスタンスに変換します。イメージ I は強度 (グレースケール)、RGB またはバイナリ イメージのいずれかです。

jimage = im2java2d(X,MAP) は、インデックス付きイメージ X をカラーマップ MAP を使用して Java クラス java.awt.image.BufferedImage のインスタンスに変換します。

    メモ:   関数 im2java2d は Java 2D API と連携します。関数 im2java は Java Abstract Windowing Toolkit (AWT) と連携します。

クラス サポート

強度イメージ、インデックス付きイメージ、および RGB 入力イメージのクラスは、uint8uint16 または double のいずれかです。バイナリ入力イメージのクラスは logical でなければなりません。

イメージを MATLAB® ワークスペースに読み取り、関数 im2java2d を使用して Java クラス java.awt.image.BufferedImage のインスタンスに変換します。

I = imread('moon.tif');
javaImage = im2java2d(I);
frame = javax.swing.JFrame;
icon = javax.swing.ImageIcon(javaImage);
label = javax.swing.JLabel(icon);
frame.getContentPane.add(label);
frame.pack
frame.show
この情報は役に立ちましたか?