ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

dicomwrite

イメージを DICOM ファイルとして書き込む

構文

dicomwrite(X, filename)
dicomwrite(X, map, filename)
dicomwrite(..., param1, value1, param2, value2, ...)
dicomwrite(..., 'ObjectType', IOD,...)
dicomwrite(..., 'SOPClassUID', UID,...)
dicomwrite(..., meta_struct,...)
dicomwrite(..., info,...)
status = dicomwrite(...)

説明

dicomwrite(X, filename) はバイナリ イメージ、グレースケール イメージまたはトゥルーカラー イメージ X をファイル filename に書き込みます。ここで、filename は、作成される Digital Imaging and Communications in Medicine (DICOM) ファイルの名前を指定する文字列です。

dicomwrite(X, map, filename) はカラーマップ map を使用してインデックス付きイメージ X を書き込みます。

dicomwrite(..., param1, value1, param2, value2, ...) は DICOM ファイルに書き込むオプションのメタデータを指定するか、ファイルの書き込みに影響するパラメーターを指定します。param1 はメタデータの属性名または dicomwrite に固有のオプションを含む文字列です。value1 は属性またはオプションに対応する値です。

指定可能な DICOM 属性の一覧は、Image Processing Toolbox™ ソフトウェアに付属のデータ ディクショナリ ファイル dicom-dict.txt に記載されています。次の表は、指定可能なオプションをアルファベット順にまとめています。既定値は中かっこ ({}) に囲んで示されます。

オプション名

説明

'CompressionMode'

イメージの格納時に使用される圧縮のタイプを指定する文字列。取りうる値は以下のとおりです。

{'None'}

'JPEG lossless'

'JPEG lossy'

'JPEG2000 lossy'

'JPEG2000 lossless'

'RLE'

'CreateMode'

新しいファイルに挿入するデータの作成方法を指定します。取りうる値は以下のとおりです。

{'Create'} — 入力値を確認して、欠損したデータ値を生成します。

'Copy' — 入力からすべての値をコピーして、欠損値を生成しません。

'Dictionary'

DICOM データ ディクショナリの名前を指定する文字列。

'Endian'

ファイルのバイト順を指定する文字列。

'Big'

{'Little'}

    メモ:   VR'Explicit' に設定されている場合、'Endian''Big' でなければなりません。'CompressionMode' または 'TransferSyntax' が設定されている場合、dicomwrite はこの値を無視します。

'MultiframeSingleFile'

マルチフレーム イメージを 1 つのファイルに書き込むかどうかを示す論理値。true (既定値) の場合は、X 内のフレーム数にかかわらず、ファイルが 1 つ作成されます。false の場合は、イメージ内の各フレームに対してファイルが 1 つずつ作成されます。

'TransferSyntax'

'Endian''VR'、および 'CompressionMode' オプションを指定する DICOM UID。

    メモ:   このオプションが指定されている場合、dicomwrite'Endian''VR'、および 'CompressionMode' オプションに指定された値をすべて無視します。TransferSyntax 値はこれらのオプションの値をエンコードします。

'VR'

2 文字値表現 (VR) コードをファイルに書き込むかどうかを指定する文字列。

'explicit' — VR をファイルに書き込みます。

{'implicit'} — データ ディクショナリから推測します。

    メモ:   'Endian' に値 'Big' を指定した場合は、'Explicit' を指定しなければなりません。

'WritePrivate'

個人データをファイルに書き込むかどうかを示す論理値。取りうる値は以下のとおりです。true — 個人データをファイルに書き込みます。

{false} — 個人データを書き込みません。

dicomwrite(..., 'ObjectType', IOD,...) は、特定のタイプの DICOM Information Object (IOD) に必要なメタデータを含むファイルを書き込みます。次の IOD がサポートされています。

  • 'Secondary Capture Image Storage' (既定の設定)

  • 'CT Image Storage'

  • 'MR Image Storage'

dicomwrite(..., 'SOPClassUID', UID,...) は、作成する IOD を指定するための代替的な方法として使われます。UID は上記のいずれかの IOD に対応した DICOM の一意の識別子です。

dicomwrite(..., meta_struct,...) は構造体 meta_struct でオプションのメタデータまたはファイル オプションを指定します。meta_struct 内のフィールド名は DICOM ファイル属性名またはオプション名でなければなりません。フィールドの値は、属性またはオプションに割り当てる値にします。

dicomwrite(..., info,...) は、関数 dicominfo によって生成されるメタデータ構造体 info 内のメタデータを指定します。この構造体の詳細は、「dicominfo」を参照してください。

status = dicomwrite(...) は、DICOM ファイルを生成するために使用されるメタデータとその記述に関する情報を返します。この構文は、dicominfo によって作成された info 構造体を関数 dicomwrite に指定する場合に便利です。info 構造体には多数のフィールドを含めることができます。メタデータを指定しない場合、dicomwrite は空の行列 ([]) を返します。

dicomwrite によって返される構造体には次のフィールドが含まれています。

フィールド

説明

'BadAttribute'

属性の内部記述が正しくありません。データ ディクショナリから欠損しているか、記述に正しくないデータが含まれている可能性があります。

'MissingCondition'

属性が条件付きですが、属性をどのようなとき使用するかに関する条件が指定されていません。

'MissingData'

ファイルに含めなければならない属性に関するデータが指定されていません。

'SuspectAttribute'

属性のデータが DICOM 仕様に含まれている列挙値のリストと一致していません。

ツールボックスと共に含まれているサンプルの DICOM ファイルから CT イメージを読み取ってから、その CT イメージをファイルに書き込んで 2 次キャプチャ イメージを作成します。

X = dicomread('CT-MONO2-16-ankle.dcm');
dicomwrite(X, 'sc_file.dcm');

CT イメージ X をメタデータと共に DICOM ファイルに書き込みます。関数 dicominfo を使用して DICOM ファイルからメタデータを取得します。

metadata = dicominfo('CT-MONO2-16-ankle.dcm');
dicomwrite(X, 'ct_file.dcm', metadata);

あるファイルのすべてのメタデータを別のファイルにコピーします。このモードの dicomwrite では、ファイルに書き込まれるメタデータの確認は行われません。

dicomwrite(X, 'ct_copy.dcm', metadata, 'CreateMode', 'copy');

詳細

すべて展開する

ヒント

DICOM 形式の仕様には、作成可能な Information Object Definitions (IOD) がいくつか記載されています。これらの IOD は、さまざまな実際のモダリティ (MR、X 線、超音波など) によって生成されるイメージおよびメタデータと対応しています。DICOM 仕様では、必要なメタデータのセットと他のメタデータの有効な値が IOD のタイプごとに定義されています。

dicomwrite は、前述の ObjectType 構文で示した特定の数の IOD を完全に実装します。dicomwrite はこれらの IOD に対して、必要なメタデータ属性が存在することを検証し、必要に応じて欠損している属性を作成して、可能であれば既定値を指定します。確実に DICOM 仕様に準拠するファイルを作成するには、サポートされている IOD を使用することをお勧めします。これは dicomwrite の既定の動作であり、'Create'CreateMode オプションの値に相当します。

dicomwrite によって実装されない IOD に対応した DICOM ファイルを書き込むには、CreateMode オプションに 'Copy' 値を指定します。このモードの dicomwrite では、パラメーターとして指定したメタデータも含め、イメージ データがファイルに書き込まれます (前述の info 構文を参照)。このオプションの目的は、同じモダリティまたは IOD の既存のファイルからメタデータを取得して、それに基づいて別のイメージ ピクセル データをもつ新しい DICOM ファイルを作成することです。

    メモ:   dicomwrite'copy' モードにおいて検証なしでメタデータをファイルにコピーするため、DICOM 基準に準拠しない DICOM ファイルを作成することが可能です。たとえば、必要なメタデータがファイルから欠損しているか、余分なメタデータが含まれているか、または、元のイメージを生成するために使われるモダリティの設定にメタデータが対応しなくなっている可能性があります。'Copy' モードを使用する場合は、使用するメタデータが同じモダリティと IOD のものであることを確認してください。作成するコピーが元のイメージと関連していない場合は、dicomuid を使用してメタデータの series と study に対する新規の固有識別子を作成してください。適切な IOD 値の詳細は、DICOM 仕様 Part 3 の IOD に関する説明を参照してください。

参考

| | |

この情報は役に立ちましたか?