ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

analyze75info

Analyze 7.5 のデータセットのヘッダー ファイルからメタデータを読み取る

構文

info = analyze75info(filename)
info = analyze75info(filename,'ByteOrder', endian)

説明

info = analyze75info(filename) は、文字列 filename で指定された Analyze 7.5 のデータセットのヘッダー ファイルを読み取ります。関数は、フィールドにデータセット情報が含まれている構造体である info を返します。

Analyze 7.5 は、メイヨー クリニックの医療画像リソース (Biomedical Imaging Resource) によって開発された、3 次元医療画像の可視化と解析を行うための製品です。Analyze 7.5 のデータセットは、ヘッダー ファイルとイメージ ファイルの 2 つのファイルで構成されています。ファイルは同じ名前ですが、拡張子が異なります。ヘッダー ファイルの拡張子は .hdr で、イメージ ファイルの拡張子は .img です。

info = analyze75info(filename,'ByteOrder', endian) は、endian が以下の値のいずれかをもつことができる endian により指定されるバイト順を使用して、Analyze 7.5 のヘッダー ファイルを読み取ります。

意味

'ieee-le'

バイト順はリトル エンディアン

'ieee-be'

バイト順はビッグ エンディアン

指定される endian 値が読み取りエラーとなった場合、analyze75info は、警告メッセージを表示し、逆の ByteOrder 形式でヘッダー ファイルの読み取りを試みます。

Analyze 7.5 のヘッダー ファイルを読み取ります。

info = analyze75info('brainMRI.hdr');

データセットのバイト順を指定します。

info = analyze75info('brainMRI', 'ByteOrder', 'ieee-le');

参考

この情報は役に立ちましたか?