ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで更新されています。このリリースの英語のドキュメンテーションを参照するには、言語設定を United States に変更してください。

C/C++ コード生成でサポートされている System Object

System Object を使用したコード生成

Communications System Toolbox™、DSP System Toolbox™、Computer Vision System Toolbox™ およびPhased Array System Toolbox™ で提供される System object のサブセットについて C/C++ コードを生成できます。これらの System object を使用するには、必要なツールボックスをインストールしなければなりません。

System object とは、MATLAB® のオブジェクト指向のアルゴリズムを実装するものです。時変のアルゴリズムで表す動的システムのモデル化を実現することで、System object は MATLAB を拡張します。System object は、簡単な関数を記述しているか、コマンド ウィンドウで対話形式で動作しているか、または大規模なアプリケーションを作成しているかなどにかかわらず、MATLAB 言語に適切に統合されます。

MATLAB 関数とは対照的に、System object では状態情報、データ インデックス、バッファーが自動的に管理されます。これは反復計算やストリーム データ処理に特に便利です。長いデータセットを効率よく処理できます。MATLAB オブジェクトに関する一般的な情報は、「オブジェクト指向プログラミングを始める前に」を参照してください。

Computer Vision System Toolbox の System Object

Computer Vision System Toolbox ソフトウェアをインストールすると、次の Computer Vision System Toolbox の System object の C/C++ コードを生成できます。これらの System object の使用方法の詳細は、「System Objects in MATLAB Code Generation」を参照してください。

サポートされている Computer Vision System Toolbox System Object

オブジェクト説明
解析と強化機能
vision.BoundaryTracerバイナリ イメージ内のオブジェクトの境界のトレース。
vision.ContrastAdjuster線形スケーリングによるイメージのコントラストの調整。
vision.Deinterlacer入力ビデオ信号のインターレース解除によるモーション アーティファクトの除去。
vision.EdgeDetectorイメージ内のオブジェクトのエッジの検出。
vision.ForegroundDetectorガウス混合モデルを使用した前景の検出。このオブジェクトは、コード生成で調整可能なプロパティをサポートします。
vision.HistogramBasedTrackerヒストグラムに基づいたビデオ内のオブジェクトの追跡。このオブジェクトは、コード生成で調整可能なプロパティをサポートします。
vision.HistogramEqualizerヒストグラム均等化を使用したイメージのコントラストの強調。
vision.TemplateMatcherイメージ上へのテンプレートの移動によるテンプレート マッチングの実行。
変換
vision.Autothresholder強度イメージからバイナリ イメージへの変換。
vision.ChromaResamplerイメージのクロミナンス成分のダウンサンプリングまたはアップサンプリング。
vision.ColorSpaceConverter色空間の間の色情報変換。
vision.DemosaicInterpolatorベイヤー型イメージのモザイク状ノイズの解除。
vision.GammaCorrectorイメージやビデオ ストリームに対するガンマ補正の適用または除去。
vision.ImageComplementerバイナリ、強度または RGB イメージでピクセル値の補数を計算。
vision.ImageDataTypeConverter指定の出力データ型に入力イメージを変換してスケーリング。
特性の検出、抽出およびマッチング
vision.CornerDetectorコーナー メトリック行列とコーナー検出器。このオブジェクトは、コード生成で調整可能なプロパティをサポートします。
フィルター処理
vision.Convolver2 つの入力行列の 2 次元離散たたみ込みの計算。
vision.ImageFilter入力行列の 2 次元 FIR フィルター処理の実行。
vision.MedianFilter2 次元メディアン フィルター処理。
幾何学的変換
vision.GeometricRotator指定した角度だけイメージを回転。
vision.GeometricScalerイメージ サイズを拡大または縮小。
vision.GeometricShearer線形に変化するオフセットでイメージの行または列をシフト。
vision.GeometricTransformerイメージに射影変換またはアフィン変換を適用。
vision.GeometricTransformEstimator一致するポイントのペアからの幾何学的変換の推定。
vision.GeometricTranslator変位ベクトルを使用した 2 次元平面でのイメージの変換。
モルフォロジー演算 
vision.ConnectedComponentLabelerバイナリ イメージ内で連結された領域のラベル付けおよびカウント。
vision.MorphologicalCloseイメージ上でのモルフォロジー クローズ処理の実行。
vision.MorphologicalDilateイメージ上でのモルフォロジー膨張処理の実行。
vision.MorphologicalErodeイメージ上でのモルフォロジー収縮の実行。
vision.MorphologicalOpenイメージ上でのモルフォロジー オープン処理の実行。
オブジェクトの検出
vision.CascadeObjectDetectorViola-Jones アルゴリズムを使用したオブジェクトの検出。
vision.HistogramBasedTrackerヒストグラムに基づいたビデオ内のオブジェクトの追跡。このオブジェクトは、コード生成で調整可能なプロパティをサポートします。
vision.PointTrackerKanade-Lucas-Tomasi (KLT) アルゴリズムを使用したビデオ内の点の追跡
vision.PeopleDetectorHOG 機能を使用した直立状態の人物の検出
シンク
vision.VideoPlayerビデオ データをコンピューター スクリーンに送信。この System object はコードを生成しません。関数 coder.extrinsic を使用して、"外部" 変数として自動的に宣言されます。
vision.DeployableVideoPlayerビデオ データをコンピューター スクリーンに送信。
vision.VideoFileWriterマルチメディア ファイルへのビデオ フレームとオーディオ サンプルの書き込み。
ソース
vision.VideoFileReader圧縮されたマルチメディア ファイルからのビデオ フレームとオーディオ サンプルの読み取り。
統計
vision.Autocorrelator入力行列の 2 次元自己相関の計算。
vision.BlobAnalysisバイナリ イメージ内の連結領域の統計の計算。
vision.Crosscorrelator2 つの入力行列の 2 次元の相互相関の計算。
vision.Histogram各入力行列のヒストグラムの生成。このオブジェクトには調整可能なプロパティはありません。
vision.LocalMaximaFinder行列内の局所的最大値の検出。
vision.Maximum入力または入力値のシーケンス内の最大値の検出。
vision.Mean入力または入力値のシーケンス内の平均値の検出。
vision.Median入力の中央値の検出。
vision.Minimum入力または入力値のシーケンス内の最小値の検出。
vision.PSNRイメージ間の最大 S/N 比 (PSNR) の計算。
vision.StandardDeviation入力または入力値のシーケンス内の標準偏差の検出。
vision.Variance入力または入力値のシーケンス内の分散値の検出。
テキストとグラフィックス
vision.AlphaBlenderイメージの結合、イメージの重ね合わせまたは選択されたピクセルの強調表示。
vision.MarkerInserter出力イメージ上にマーカーを描画。
vision.ShapeInserterイメージ上に長方形、線、多角形または円を描画。
vision.TextInserterイメージまたはビデオ ストリーム上にテキストを描画。
変換
vision.DCT2 次元の離散コサイン変換の計算。
vision.FFT2 次元の離散型フーリエ変換。
vision.HoughLinesrho と theta のペアで記述される線の直交座標の検出。
vision.HoughTransformハフ変換によってイメージ内の線を検出。
vision.IDCT2 次元の逆離散コサイン変換の計算。
vision.IFFT2 次元逆離散型フーリエ変換。
vision.Pyramidガウス ピラミッド分解の実行。
ユーティリティ
vision.ImagePadder入力イメージを行、列またはその両方に沿ってパディングまたはトリミング。

Communications System Toolbox の System Object

Communications System Toolbox ソフトウェアをインストールすると、次の Communications System Toolbox の System object の C/C++ コードを生成できます。これらの System object の使用方法の詳細は、「System Object を使用したコード生成」を参照してください。

サポートされている Communications System Toolbox System Object

オブジェクト説明
情報源符号化
comm.DifferentialDecoder差動復号化によるバイナリ信号のデコード
comm.DifferentialEncoder差動符号化によるバイナリ信号のエンコード
チャネル
comm.AWGNChannelホワイト ガウス ノイズを入力信号に付加
comm.LTEMIMOChannelLTE MIMO マルチパス フェージング チャネルによる入力信号のフィルター処理
comm.MIMOChannelMIMO マルチパス フェージング チャネルによる入力信号のフィルター処理
comm.BinarySymmetricChannelバイナリ誤りの導入
イコライザー
comm.MLSEEqualizer最尤系列推定を使用したイコライズ
フィルター
comm.IntegrateAndDumpFilter離散時間信号を周期リセットと統合
測定
comm.ACPR隣接チャネルの電力比の測定
comm.CCDF相補累積分布関数の測定
comm.EVMエラー ベクトル振幅の測定
comm.MER変調誤差比の測定
ソース
comm.BarkerCodeバーカー コードの生成
comm.HadamardCodeアダマール コードの生成
comm.KasamiSequenceカサミ シーケンスの生成
comm.OVSFCodeOVSF コードの生成
comm.PNSequence疑似ノイズ (PN) シーケンスの生成
comm.WalshCode一連の直交コードからウォルシュ コードを生成する
誤りの検出と訂正 – ブロック コーディング
comm.BCHDecoderBCH デコーダーを使用してデータをデコードする
comm.BCHEncoderBCH エンコーダーを使用してデータをエンコードする
comm.LDPCDecoderバイナリ低密度パリティ チェック コードをデコードする
comm.LDPCEncoderバイナリ低密度パリティ チェック コードをエンコードする
comm.RSDecoderリードソロモン デコーダーを使用したデータのデコード
comm.RSEncoderリード・ソロモン エンコーダーを使用したデータのエンコード
誤りの検出と訂正 – たたみ込みコーディング
comm.ConvolutionalEncoder2 進データからたたみ込みエンコードを作成
comm.ViterbiDecoderビタビ アルゴリズムを使用してエンコードされたデータをたたみ込みデコード
誤りの検出と訂正 – 巡回冗長検査コーディング
comm.CRCDetector巡回冗長コードを使用して入力データ内の誤りを検出
comm.CRCGenerator巡回冗長コード ビットを生成し入力データに付加
comm.HDLCRCGeneratorHDL コード生成に最適化された方式で CRC コード ビットを生成して入力データに付加
comm.TurboDecoder並列連結デコード スキームにより入力信号をデコード
comm.TurboEncoder並列連結エンコード スキームにより入力信号をエンコード
インターリーバー - ブロック
comm.AlgebraicDeinterleaver代数的に求めた置換ベクトルを使用して入力シンボルをデインターリーブ
comm.AlgebraicInterleaver代数的に求めた置換ベクトルを使用した入力シンボルの並べ替え
comm.BlockDeinterleaver置換ベクトルを使用して入力シンボルをデインターリーブ
comm.BlockInterleaver置換ベクトルを使用した入力シンボルの並べ替え
comm.MatrixDeinterleaver置換行列を使用して入力シンボルをデインターリーブ
comm.MatrixInterleaver置換行列を使用した入力シンボルの並べ替え
comm.MatrixHelicalScanDeinterleaver行列を対角線上に埋めて入力シンボルをデインターリーブ
comm.MatrixHelicalScanInterleaver行列要素を対角線上に選択して入力シンボルを並べ替え
インターリーバー - たたみ込み
comm.ConvolutionalDeinterleaverシフト レジスタによるシンボルの順序の復元
comm.ConvolutionalInterleaverシフト レジスタによる入力シンボルの並べ替え
comm.HelicalDeinterleaverヘリカル配列を使用したシンボルの順序を復元
comm.HelicalInterleaverヘリカル配列を使用した入力シンボルの並べ替え
comm.MultiplexedDeinterleaver指定遅延を伴う一連のシフト レジスタによるシンボルの順序の復元
comm.MultiplexedInterleaver指定遅延を伴う一連のシフト レジスタによる入力シンボルの並べ替え
MIMO
comm.OSTBCCombiner直交空間時間ブロック コードを使用した入力の結合
comm.OSTBCEncoder直交空間時間ブロック コードを使用した入力メッセージのエンコード
ベースバンド デジタル変調 – 位相
comm.BPSKDemodulatorバイナリ PSK メソッドを使用した復調
comm.BPSKModulatorバイナリ PSK メソッドを使用した変調
comm.DBPSKModulator差分バイナリ PSK メソッドを使用した変調
comm.DPSKDemodulatorM-ary DPSK 手法を使用した復調
comm.DPSKModulatorM-ary DPSK 手法を使用した変調
comm.DQPSKDemodulator差分直交 PSK メソッドを使用した復調
comm.DQPSKModulator差分直交 PSK メソッドを使用した変調
comm.DBPSKDemodulatorM-ary DPSK 手法を使用した復調
comm.QPSKDemodulator直交 PSK メソッドを使用した復調
comm.QPSKModulator直交 PSK メソッドを使用した変調
comm.PSKDemodulatorM-ary PSK 手法を使用した復調
comm.PSKModulatorM-ary PSK 手法を使用した変調
comm.OQPSKDemodulatorオフセット直交 PSK 変調データの復調
comm.OQPSKModulatorオフセット直交 PSK メソッドを使用した変調
ベースバンド デジタル変調 – 振幅
comm.GeneralQAMDemodulator任意の QAM コンスタレーションの復調。このオブジェクトには、コード生成で調整可能なプロパティはありません。
comm.GeneralQAMModulator任意の QAM 配置の変調
comm.PAMDemodulatorM-ary PAM 手法を使用した復調
comm.PAMModulatorM-ary PAM 手法を使用した変調
comm.RectangularQAMDemodulator長方形の QAM メソッドを使用した復調
comm.RectangularQAMModulator長方形の QAM メソッドを使用した変調
ベースバンド デジタル変調 – 周波数
comm.FSKDemodulatorM-ary FSK 手法を使用した復調
comm.FSKModulatorM-ary FSK 手法を使用した変調
ベースバンド デジタル変調 – トレリス コーディング
comm.GeneralQAMTCMDemodulator任意の QAM コンスタレーションにマッピングされたエンコード データをたたみ込み復調
comm.GeneralQAMTCMModulatorバイナリ データをたたみ込みエンコードして任意の QAM 配置を使用してマッピング
comm.PSKTCMDemodulatorM-ary の PSK 配置にマッピングされたエンコード データをたたみ込み復調
comm.PSKTCMModulatorバイナリ データをたたみ込みエンコードして M-ary の PSK 配置を使用してマッピング
comm.RectangularQAMTCMDemodulator長方形の QAM 配置にマッピングされたエンコード データをたたみ込み復調
comm.RectangularQAMTCMModulatorバイナリ データをたたみ込みエンコードして長方形の QAM 配置を使用してマッピング
ベースバンド デジタル変調 – 連続位相
comm.CPFSKDemodulatorCPFSK メソッドとビタビ アルゴリズムを使用した復調
comm.CPFSKModulatorCPFSK メソッドを使用した変調
comm.CPMDemodulatorCPM 法とビタビ アルゴリズムを使用した復調
comm.CPMModulatorCPM 法を使用した変調
comm.GMSKDemodulatorGMSK 法とビタビ アルゴリズムを使用した復調
comm.GMSKModulatorGMSK 法を使用した変調
comm.MSKDemodulatorMSK 法とビタビ アルゴリズムを使用した復調
comm.MSKModulatorMSK 法を使用した変調
RF 損失
comm.MemorylessNonlinearity入力信号に無記憶非線形性を適用する
comm.PhaseFrequencyOffset位相と周波数オフセットを入力信号に適用。このオブジェクトの PhaseOffset プロパティは、コード生成では調整できません。
comm.PhaseNoise位相ノイズを複素ベースバンド信号に適用
comm.ThermalNoise受信側の熱ノイズを追加する
同期 – タイミング位相
comm.EarlyLateGateTimingSynchronizerアーリーレイト ゲート法を使用したシンボル タイミング位相の復元
comm.GardnerTimingSynchronizerGardner 法を使用したシンボル タイミング位相の復元
comm.GMSKTimingSynchronizer 4 次非線形性手法を使用したシンボル タイミング位相の復元
comm.MSKTimingSynchronizer4 次非線形性手法を使用したシンボル タイミング位相の復元
comm.MuellerMullerTimingSynchronizerMueller-Muller 法を使用したシンボル タイミング位相の復元
同期ユーティリティ
comm.CPMCarrierPhaseSynchronizerベースバンド CPM 信号の搬送波位相を復元する
comm.DiscreteTimeVCO可変周波数正弦波を生成する
コンバーター
comm.BitToIntegerビットのベクトルを整数のベクトルに変換
comm.IntegerToBit整数のベクトルをビットのベクトルに変換
シーケンス演算
comm.Descrambler入力信号のデスクランブル
comm.GoldSequenceGold シーケンスの生成
comm.Scrambler入力信号のスクランブル

DSP System Toolbox の System Object

DSP System Toolbox ソフトウェアをインストールすると、次の DSP System Toolbox の System object の C/C++ コードを生成できます。これらの System object の使用方法の詳細は、「Functions and System Objects Supported for Code Generation」を参照してください。

サポートされている DSP System Toolbox System Object

オブジェクト説明
Estimation
dsp.BurgAREstimatorバーグ法を使用した自己回帰モデル パラメーターの推定の計算
dsp.BurgSpectrumEstimatorバーグ法を使用したパラメトリック スペクトル推定の計算
dsp.CepstralToLPCケプストラム係数の線形予測係数への変換
dsp.LevinsonSolver レビンソン・ダービン再帰法を使用して連立線形方程式を解く。
dsp.LPCToAutocorrelation線形予測係数の自己相関係数への変換
dsp.LPCToCepstral線形予測係数のケプストラム係数への変換
dsp.LPCToLSF線形予測係数の線スペクトル周波数への変換
dsp.LPCToLSP線形予測係数の線スペクトル ペアへの変換
dsp.LPCToRC線形予測係数の反射係数への変換
dsp.LSFToLPC線スペクトル周波数の線形予測係数への変換
dsp.LSPToLPC線スペクトル ペアの線形予測係数への変換
dsp.RCToAutocorrelation反射係数の自己相関係数への変換
dsp.RCToLPC反射係数の線形予測係数への変換
Filters
dsp.AffineProjectionFilterアフィン射影アルゴリズムを使用する適応フィルター
dsp.AllpoleFilter0 なしの IIR フィルター。コード生成では、Denominator プロパティのみが調整可能です。
dsp.BiquadFilter双 2 次 IIR (SOS) フィルターのモデル化
dsp.CICDecimatorカスケード接続積分器櫛形フィルターを使用した入力の間引き
dsp.CICInterpolatorカスケード接続積分器櫛形フィルターを使用した信号の入力の内挿
dsp.DigitalFilter離散時間フィルターの実装を使用して時間の経過によって各入力チャネルをフィルター処理。SOSMatrix および ScaleValues プロパティはコード生成ではサポートされていません。
dsp.FIRDecimator入力信号のフィルター処理とダウンサンプリング
dsp.FIRFilter静的または時変 FIR フィルター。コード生成では、Numerator プロパティのみが調整可能です。
dsp.FIRInterpolator入力信号のアップサンプリングとフィルター処理
dsp.FIRRateConverter入力信号のアップサンプリング、フィルター処理およびダウンサンプリング
dsp.IIRFilter無限インパルス応答 (IIR) フィルター。コード生成では、Numerator および Denominator プロパティのみが調整可能です。
dsp.LMSFilterLMS 適応アルゴリズムを使用した出力、エラーおよび重みの計算
dsp.RLSFilter再帰的最小二乗 (RLS) アルゴリズムを使用する適応フィルター
Math Operations
dsp.ArrayVectorAdder指定した次元に沿ってベクトルを配列に追加
dsp.ArrayVectorDivider指定した次元に沿ってベクトルで配列を除算
dsp.ArrayVectorMultiplier指定した次元に沿ってベクトルで配列を乗算
dsp.ArrayVectorSubtractor指定した次元に沿って配列からベクトルを減算
dsp.CumulativeProduct チャネル、列または行の要素の累積積を計算
dsp.CumulativeSumチャネル、列または行の要素の累積和を計算
dsp.LDLFactor正方エルミート正定行列を上位、下位および対角の成分に分解
dsp.LevinsonSolverレビンソン・ダービン再帰法を使用して連立線形方程式を解く。
dsp.LowerTriangularSolverL が下三角行列の場合に LX = B を解いて X を求める
dsp.LUFactor正方行列を下三角行列および上三角行列に分解
dsp.Normalizer入力の正規化
dsp.UpperTriangularSolverU が上三角行列の場合に UX = B を解いて X を求める
Quantizers
dsp.ScalarQuantizerDecoder各インデックス値を量子化された出力値に変換
dsp.ScalarQuantizerEncoderスカラー量子化のエンコードの実行
dsp.VectorQuantizerDecoder特定のインデックス値のベクトル量子化器の符号語を検出
dsp.VectorQuantizerEncoderベクトル量子化のエンコードの実行
スコープ
dsp.SpectrumAnalyzer時間領域信号の周波数スペクトルの表示。この System object はコードを生成しません。関数 coder.extrinsic を使用して、"外部" 変数として自動的に宣言されます。
dsp.TimeScope時間領域信号の表示。この System object はコードを生成しません。関数 coder.extrinsic を使用して、"外部" 変数として自動的に宣言されます。
Signal Management
dsp.Counter指定された数値範囲内のカウント アップまたはカウント ダウン
dsp.DelayLine1 つのサンプル シフトで入力値のシーケンスを再バッファー
Signal Operations
dsp.Convolver2 つの入力のたたみ込みの計算
dsp.Delay指定されたサンプル数またはフレーム数の分だけ入力を遅らせる
dsp.Interpolator実数入力サンプルの値の内挿
dsp.NCO実数または複素数の正弦波信号の生成
dsp.PeakFinder入力信号内の極値 (最大値または最小値) を判別
dsp.PhaseUnwrapper信号位相をアンラップ
dsp.VariableFractionalDelayサンプル周期の時変非整数による入力の遅延
dsp.VariableIntegerDelayサンプル周期の時変整数による入力の遅延
dsp.Windowウィンドウ関数の生成または適用。このオブジェクトには、コード生成で調整可能なプロパティはありません。
dsp.ZeroCrossingDetector信号のゼロクロッシングの数を計算
Sinks
dsp.AudioPlayerオーディオ データのコンピューターのオーディオ デバイスへの書き込み
dsp.AudioFileWriterオーディオ ファイルの書き込み
dsp.UDPSenderUDP パケットのネットワークへの送信
Sources
dsp.AudioFileReaderオーディオ ファイルからのオーディオ サンプルの読み取り
dsp.AudioRecorderオーディオ データのコンピューターのオーディオ デバイスからの読み取り
dsp.SignalSourceワークスペースからの変数のインポート
dsp.SineWave離散正弦波の生成。このオブジェクトには、コード生成で調整可能なプロパティはありません。
dsp.UDPReceiverネットワークからの UDP パケットの受信
Statistics
dsp.Autocorrelatorベクトル入力の自己相関の計算
dsp.Crosscorrelator2 つの入力の相互相関の計算
dsp.Histogram入力または入力値のシーケンスのヒストグラムの出力。このオブジェクトには、コード生成で調整可能なプロパティはありません。
dsp.Maximum入力内の最大値の計算
dsp.Mean入力内の平均値の計算
dsp.Median入力内の中央値の計算
dsp.Minimum入力内の最小値の計算
dsp.RMSベクトル要素の二乗平均平方根の計算
dsp.StandardDeviationベクトル要素の標準偏差の計算
dsp.Variance入力または入力値のシーケンスの分散の計算
Transforms
dsp.AnalyticSignal離散時間入力の解析信号の計算
dsp.DCT入力の離散コサイン変換 (DCT) の計算
dsp.FFT入力の高速フーリエ変換 (FFT) の計算
dsp.IDCT入力の逆離散コサイン変換 (IDCT) の計算
dsp.IFFT入力の逆高速フーリエ変換 (IFFT) の計算

Phased Array System Toolbox の System Object

Phased Array System Toolbox ソフトウェアをインストールすると、次の Phased Array System Toolbox の System object の C/C++ コードを生成できます。これらの System object の使用方法の詳細は、「Code Generation」を参照してください。

サポートされている Phased Array System Toolbox の System Object

オブジェクト説明
アンテナおよびマイク要素
phased.CosineAntennaElement

コサイン アンテナ要素

phased.CrossedDipoleAntennaElement

クロスダイポール アンテナ要素

phased.CustomAntennaElement

カスタム アンテナ要素

phased.CustomMicrophoneElement

カスタム マイク

phased.IsotropicAntennaElement

等方向性アンテナ要素

phased.OmnidirectionalMicrophoneElement

無指向性マイク

phased.ShortDipoleAntennaElement

ショートダイポール アンテナ要素

配列のジオメトリおよび解析
phased.ULA

等間隔直線アレイ

phased.URA

等間隔矩形アレイ

phased.ConformalArray

コンフォーマル アレイ

phased.PartitionedArray

サブ配列に分割された位相配列

phased.ReplicatedSubarray

サブ配列の複製から成る位相配列

phased.SteeringVector

センサー配列ステアリング ベクトル

phased.ArrayGain

センサー配列ゲイン

phased.ArrayResponse

センサー配列応答

phased.ElementDelay

センサー配列要素遅延推定器

信号の放射および収集
phased.Collector

狭帯域信号コレクター

phased.Radiator

狭帯域信号ラジエータ

phased.WidebandCollector

広帯域信号コレクター

波形、送信機および受信機
phased.LinearFMWaveform

リニア FM パルス波形

phased.PhaseCodedWaveform

位相符号化パルス波形

phased.RectangularWaveform

矩形パルス波形

phased.SteppedFMWaveform

ステップ式 FM パルス波形

phased.FMCWWaveform

FMCW 波形

phased.MatchedFilter

整合フィルター

phased.Transmitter

送信機

phased.ReceiverPreamp

受信機プリアンプ

ビームフォーミング
phased.PhaseShiftBeamformer

狭帯域位相シフト ビームフォーマー

phased.LCMVBeamformer

狭帯域 LCMV ビームフォーマー

phased.MVDRBeamformer

狭帯域 MVDR (Capon) ビームフォーマー

phased.SubbandPhaseShiftBeamformer

サブバンド位相シフト ビームフォーマー

phased.FrostBeamformer

フロスト ビームフォーマー

phased.TimeDelayBeamformer

時間遅延ビームフォーマー

phased.TimeDelayLCMVBeamformer

時間遅延 LCMV ビームフォーマー

phased.SteeringVector

センサー配列ステアリング ベクトル

到来方向 (DOA) 推定
phased.SumDifferenceMonopulseTracker

ULA の合計および差分モノパルス

phased.SumDifferenceMonopulseTracker2D

URA の合計および差分モノパルス

phased.BeamscanEstimator

ULA のビームスキャン空間スペクトル推定器

phased.BeamscanEstimator2D

2 次元ビームスキャン空間スペクトル推定器

phased.MVDREstimator

ULA の MVDR (Capon) 空間スペクトル推定器

phased.MVDREstimator2D

2 次元 MVDR (Capon) 空間スペクトル推定器

phased.RootMUSICEstimator

Root-MUSIC 到来方向 (DOA) 推定器

phased.RootWSFEstimator

Root-WSF 到来方向 (DOA) 推定器

phased.ESPRITEstimator

ESPRIT 到来方向 (DOA) 推定器

phased.BeamspaceESPRITEstimator

ビームスペース ESPRIT 到来方向 (DOA) 推定器

空間時間適応処理 (STAP)
phased.STAPSMIBeamformer

Sample matrix inversion (SMI) ビームフォーマー

phased.DPCACanceller

Displaced Phase Center Array (DPCA) パルス キャンセラー

phased.ADPCACanceller

Adaptive DPCA (ADPCA) パルス キャンセラー

phased.AngleDopplerResponse

角度ドップラー応答

検出
phased.CFARDetector

一定誤警報率 (CFAR) 検出器

phased.MatchedFilter

整合フィルター

phased.RangeDopplerResponse

範囲ドップラー応答

phased.StretchProcessor

リニア FM 波形のストレッチ プロセッサ

phased.TimeVaryingGain

時変ゲイン制御

環境およびターゲット モデル
phased.FreeSpace

フリー スペース環境

phased.RadarTarget

レーダー ターゲット

phased.ConstantGammaClutter

定数ガンマ クラッター シミュレーション

phased.BarrageJammer

バレッジ妨害器

座標系およびモーション モデリング
phased.Platform

モーション プラットフォーム

Image Acquisition Toolbox の System Object

Image Acquisition Toolbox™ ソフトウェアをインストールすると、VideoDevice System object の C/C++ コードを生成できます。imaq.VideoDevice「Code Generation with VideoDevice System Object」 を参照してください。

この情報は役に立ちましたか?