ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

range

fi オブジェクトまたは quantizer オブジェクトの数値範囲

構文

range(a)
[min, max]= range(a)
r = range(q)
[min, max] = range(q)

説明

range(a)fi オブジェクト a が取りうる最小値と最大値をもつ fi オブジェクトを返します。a が取りうる量子化された実際値はすべて、返される範囲内にあります。a が複素数の場合、real(a)imag(a) が取りうるすべての値は返される範囲内にあります。

[min, max]= range(a)fi オブジェクト a の最小値と最大値を個々の出力変数で返します。

r = range(q) は、すべての実数 x に対して、y = quantize(q,x) が範囲 ayb にある y を返すように、2 要素行ベクトル r = [a b] を返します。

[min, max] = range(q) はその範囲の最小値と最大値を個々の出力変数で返します。

q = quantizer('float',[6 3]);
r = range(q)

r =

   -14    14
q = quantizer('fixed',[4 2],'floor');
[min_val,max_val] = range(q)

min =

    -2


max =

    1.7500

詳細

すべて展開する

アルゴリズム

q が浮動小数点 quantizerオブジェクトの場合、a = -realmax(q)、b = realmax(q) です。

q が符号付き固定小数点 quantizer オブジェクト (datamode = 'fixed') の場合は以下のとおりです。

q が符号なし固定小数点 quantizer オブジェクト (datamode = 'ufixed') の場合は以下のとおりです。

詳細は、realmax を参照してください。

参考

| | | | | | | | | | | |

この情報は役に立ちましたか?