ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

isequal

2 つの fi オブジェクトの実際値が等しいかどうかを判別、または 2 つの fimathnumerictype、または quantizer オブジェクトのプロパティが等しいかどうかを判別

構文

y = isequal(a,b,...)
y = isequal(F,G,...)
y = isequal(T,U,...)
y = isequal(q,r,...)

説明

y = isequal(a,b,...) は、fi オブジェクトの入力の実際値がすべて同じである場合、1 を返します。それ以外の場合は 0 を返します。

y = isequal(F,G,...) は、fimath オブジェクトの入力のプロパティがすべて同じである場合、1 を返します。それ以外の場合は 0 を返します。

y = isequal(T,U,...) は、numerictype オブジェクトの入力のプロパティがすべて同じである場合、1 を返します。それ以外の場合は 0 を返します。

y = isequal(q,r,...) は、quantizer オブジェクトの入力のプロパティがすべて同じである場合、1 を返します。それ以外の場合は 0 を返します。

参考

|

この情報は役に立ちましたか?