ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

exponentlength

quantizer オブジェクトの指数部の長さ

構文

e = exponentlength(q)

説明

e = exponentlength(q)quantizer オブジェクト q の指数部の長さを返します。q が固定小数点 quantizer オブジェクトである場合、exponentlength(q)0 を返します。これが好都合なのは、quantizer オブジェクト モードが浮動小数点であろうと固定小数点であろうと、指数部の長さは有効であるからです。

q = quantizer('double');
e = exponentlength(q)

e =

    11

詳細

すべて展開する

アルゴリズム

指数部の長さは、浮動小数点 quantizer オブジェクト [w e] の形式の一部です。固定小数点 quantizer オブジェクトの場合、定義により e = 0 となります。

参考

| | |

この情報は役に立ちましたか?