ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ceil

正の無限大方向に丸める

構文

y = ceil(a)

説明

y = ceil(a) は、fi オブジェクト a を正の無限大方向の最も近い整数に丸め、結果を fi オブジェクト y に返します。

ya は、同じ fimath オブジェクトと DataType プロパティをもっています。

aDataType プロパティが singledouble または boolean である場合、ynumerictypea のものと同じです。

a の小数部の長さがゼロまたは負の場合、a は整数で、ynumerictypea のものと同じになります。

a の小数部の長さが正の場合、y の小数部の長さは 0 で、その符号は a の符号と同じになり、その語長は a の語長と小数部の長さの差に 1 ビット加算した長さになります。a が符号付きである場合、y の最小語長は 2 です。a が符号なしである場合、y の最小語長は 1 です。

複素数 fi オブジェクトに対しては、虚数部と実数部は別々に丸められます。

ceil は、非自明の勾配とバイアスでスケーリングされた fi オブジェクトはサポートしません。勾配が 2 の整数乗でバイアスが 0 の場合、勾配とバイアスのスケーリングは自明です。

例 1

次の例では、関数 ceil が、語長 8 で小数部の長さ 3 の符号付き fi オブジェクトの numerictype プロパティにどのように影響するかを示します。

a = fi(pi, 1, 8, 3) 

a =
 
    3.1250

          DataTypeMode: Fixed-point: binary point scaling
            Signedness: Signed
            WordLength: 8
        FractionLength: 3

y = ceil(a) 

y =
 
     4

          DataTypeMode: Fixed-point: binary point scaling
            Signedness: Signed
            WordLength: 6
        FractionLength: 0

例 2

次の例では、関数 ceil が、語長 8 で小数部の長さ 12 の符号付き fi オブジェクトの numerictype プロパティにどのように影響するかを示します。

a = fi(0.025,1,8,12) 

a =
 
    0.0249

          DataTypeMode: Fixed-point: binary point scaling
            Signedness: Signed
            WordLength: 8
        FractionLength: 12

y = ceil(a) 

y =
 
     1

          DataTypeMode: Fixed-point: binary point scaling
            Signedness: Signed
            WordLength: 2
        FractionLength: 0

例 3

ceilfix および floor の各関数は、fi オブジェクトの丸めの方法が異なります。

  • 関数 ceil は、正の無限領域に対して最も近い整数に値を丸めます。

  • 関数 fix は、0 方向に値を丸めます。

  • 関数 floor は、負の無限領域方向に最も近い整数に値を丸めます。

次の表は、特定の fi オブジェクト a に対するこれらの違いについて示します。

aceil(a)fix(a)floor(a)
– 2.5–2–2–3
–1.75–1–1–2
–1.25–1–1–2
–0.500–1
0.5100
1.25211
1.75211
2.5322

参考

| | | |

この情報は役に立ちましたか?