ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

System Object とは

System object™ は特殊な種類の MATLAB® オブジェクトです。システム ツールボックスには System object が含まれており、ほとんどのシステム ツールボックスには MATLAB 関数と Simulink® ブロックが用意されています。System object は入力が時間経過とともに変化する動的システムを実装およびシミュレーションするために特別に設計されています。多くの信号処理システム、通信システムおよび制御システムは動的です。動的システムでは、出力信号の値は入力信号の瞬間的な値とシステムの過去の動作の両方に依存します。System object は内部状態を使用してこの過去の動作を保管し、次の計算ステップで使用します。このため、System object は映像やオーディオ処理システムなどの大規模なデータ ストリームを処理する反復的な計算に対して最適化されています。

たとえば、ファイルからデータを読み取り、このデータにフィルターを適用し、フィルター処理された出力を別のファイルに書き込むシステムに System object を使用することができます。一般的には、各ループ反復で、指定した量のデータがフィルターに渡されます。ファイル リーダー オブジェクトは、状態を使用してファイル内で次にデータの読み取りを始める位置を記憶します。同様に、ファイル ライター オブジェクトでも、データが上書きされないように、出力ファイルに最後にデータを書き込んだ位置が記憶されます。フィルター オブジェクトではフィルター処理が適切に実行されるようにフィルターの内部状態が維持されます。次の図は単一ループのシステムを表しています。

多くの System object では以下の機能がサポートされています。

  • 固定小数点演算 (Fixed-Point Designer™ ライセンスが必要)

  • C コードの生成 (MATLAB Coder™ または Simulink Coder のライセンスが必要)

  • HDL コードの生成 (HDL Coder™ ライセンスが必要)

  • 実行可能ファイルまたは共有ライブラリの生成 (MATLAB Compiler™ ライセンスが必要)

    メモ:   お使いの製品のドキュメンテーションで、使用する予定の System object が固定小数点、コード生成および MATLAB Compiler をサポートしていることを確認してください。

この情報は役に立ちましたか?