ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

分散配列と対話型分散配列での MATLAB 関数

MATLAB® ソフトウェアの多くの関数は、単一のワークスペースに含まれる配列を扱うのとほぼ同様に対話型分散配列も扱うよう、拡張やオーバーロードがなされています。

ほとんどの場合、これらの関数の入力引数が分散配列または対話型分散配列であれば、出力される配列はそれぞれ分散配列または対話型分散配列となります。出力が常にスカラーの場合は、各ワーカーで複製されます。対話型分散配列入力をもつ、オーバーロードされたこれらすべての関数は、すべてのワーカーで同時に同じ入力を参照しなければなりません。したがって、入力引数にバリアント配列は使用できません。

こうした関数のいくつかには、対話型分散配列を扱うときに特定の制限があります。任意の関数について、対話型分散配列で使用する際に異なる動作を示すかどうかを確認するには、次のように入力します。

help codistributed/functionname

以下に例を示します。

help codistributed/normest

次の表は、分散配列または対話型分散配列を扱う拡張 MATLAB 関数の一覧です。

abs
acos
acosd
acosh
acot
acotd
acoth
acsc
acscd
acsch
all
and (&)
angle
any
arrayfun
asec
asecd
asech
asin
asind
asinh
atan
atan2
atan2d
atand
atanh
bitand
bitor
bitxor
bsxfun
cast
cat
ceil
cell2mat
cell2struct
celldisp
cellfun
char
chol
complex
conj
cos
cosd
cosh
cot
cotd
coth
csc
cscd
csch
ctranspose (')
cumprod
cumsum
diag
dot
double
eps
eig
end
eq (==)
exp
expm1
false
fieldnames
fft
find
fix
floor
full
ge (>=)
gt (>)
horzcat ([])
hypot
imag
inf
int16
int32
int64
int8
inv
ipermute
isempty
isequal
isequaln
isfinite
isinf
isnan
isreal
issparse
ldivide (.\)
le (<=)
length
log
log10
log1p
log2
logical
lt (<)
lu
max
meshgrid
min
minus (-)
mldivide (\)
mrdivide (/)
mtimes (*)
mod
nan
ndims
ndgrid
ne (~=)
nextpow2
nnz
nonzeros
norm
normest
not (~)
nthroot
num2cell
numel
nzmax
ones
or (|)
permute
plus (+)
pow2
power (.^)
prod
qr
rdivide (./)
real
reallog
realpow
realsqrt
rem
repmat
reshape
rmfield
round
sec
secd
sech
sign
sin
sind
single
sinh
size
sort
sortrows
sparse
spfun
spones
sqrt
struct2cell
subsasgn
subsindex
subsref
sum
svd
swapbytes
tan
tand
tanh
times (.*)
transpose (.')
tril
triu
true
typecast
uint16
uint32
uint64
uint8
uminus (-)
uplus (+)
vertcat ([;])
xor
zeros

この情報は役に立ちましたか?