ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

updateAttachedFiles

並列プールでの付加ファイルまたはフォルダーの更新

構文

  • updateAttachedFiles(poolobj)

説明

updateAttachedFiles(poolobj) は、指定した並列プールのすべての付加ファイルをチェックして内容が変更されていないかどうかを確認し、変更があればそれをプール内の各ワーカーに反映します。これにより、プールの起動時に (プロファイルまたは parpool 引数により) 付加されたファイルと、後で addAttachedFiles コマンドにより付加されたファイルがチェックされます。

すべて展開する

現在の並列プールで付加ファイルを更新

現在の並列プールにあるすべての付加ファイルを更新します。

poolobj = gcp;
updateAttachedFiles(poolobj)

入力引数

すべて展開する

poolobj - 付加ファイルがあるプールプール オブジェクト

プール オブジェクトとして指定される、付加ファイルがあるプール。

例: poolobj = gcp;

参考

| | |

この情報は役に立ちましたか?