ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

parallel.importProfile

ファイルからクラスター プロファイルをインポートする

構文

prof = parallel.importProfile(filename)

説明

prof = parallel.importProfile(filename) は指定されたファイルに保存されているプロファイルをインポートし、そのインポートしたプロファイルの名前を返します。filename に拡張子がない場合は、.settings が補足されます。構成ファイルは .mat の拡張子を付けて指定しなければなりません。.mat 構成ファイルにはただ 1 つのプロファイルが含まれますが、.settings プロファイル ファイルには 1 つまたは複数のプロファイルを含めることができます。このファイルで定義されているプロファイルが 1 つのみの場合、prof はそのプロファイルの名前に基づく文字列になります。このファイルに複数のプロファイルが定義されている場合、prof は文字列からなるセル配列になります。インポートするプロファイルと同じ名前のプロファイルが既にある場合は、インポートするプロファイルの名前に拡張子が付けられます。

インポートしたプロファイルは、プロファイルをサポートする任意の関数で使用できます。parallel.importProfile では、インポートされたどのプロファイルも既定のプロファイルとしては設定しません。既定のプロファイルを設定するには、関数 parallel.defaultClusterProfile を使用してください。

前のリリースでエクスポートされたプロファイルは、インポート時にアップグレードされます。構成は自動的にクラスター プロファイルに変換されます。

インポートしたプロファイルは MATLAB 設定の一部として保存されるため、再度インポートしなくても、以後の MATLAB セッションで使用可能になります。

ProfileMaster.settings ファイルからプロファイルをインポートし、既定のクラスター プロファイルとして設定します。

profile_master = parallel.importProfile('ProfileMaster');
parallel.defaultClusterProfile(profile_master)

ManyProfiles.settings ファイルからすべてのプロファイルをインポートし、先頭のプロファイルを使用して並列プールを開きます。

profs = parallel.importProfile('ManyProfiles');
parpool(profs{1})

OldConfiguration.mat ファイルから構成をインポートし、既定の並列プロファイルとして設定します。

old_conf = parallel.importProfile('OldConfiguration.mat')
parallel.defaultClusterProfile(old_conf)

参考

| |

この情報は役に立ちましたか?