ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

mxInitGPU (C)

現在選択されているデバイスの MATLAB GPU ライブラリを初期化する

C 構文

#include "gpu/mxGPUArray.h"
 int mxInitGPU()

戻り値

以下のいずれかの値をもつ int

  • MATLAB GPU ライブラリが正常に初期化された場合は、MX_GPU_SUCCESS

  • 正常に初期化されなかった場合は、MX_GPU_FAILURE

説明

MEX で mxGPUArray 機能を使用する場合や MATLAB で GPU 呼び出しを使用する場合は、MEX ファイルの CUDA コードを使用する前に、MATLAB GPU ライブラリを初期化します。MATLAB GPU API を初期化するには、以下をはじめとする多数の方法があります。

  • CUDA コードの前に、MEX ファイルの冒頭で mxInitGPU を呼び出す。

  • MEX コードを実行する前に、MATLAB で gpuDevice(deviceIndex) を呼び出す。

  • MEX コードを実行する前に、MATLAB で gpuArray を作成する。

MEX ファイルの冒頭で MATLAB GPU ライブラリの初期化が保証される別の方法がない限り、MEX ファイルの冒頭で mxInitGPU を呼び出す必要があります。

ライブラリが初期化されている場合、この関数は処理を行わずに戻されます。ライブラリが初期化されていない場合、この関数は既定のデバイスを初期化します。メモ: 現時点では、MATLAB MEX ファイルは一度に 1 つの GPU デバイスのみを扱うことができます。

参考

|

この情報は役に立ちましたか?