ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

mxGPUCreateMxArrayOnGPU (C)

GPU データを MATLAB に返すための mxArray を作成する

C 構文

#include "gpu/mxGPUArray.h"
mxArray* mxGPUCreateMxArrayOnGPU(mxGPUArray const * const mgp)

引数

mgp

mxGPUArray へのポインター

戻り値

GPU データが含まれる mxArray オブジェクトへのポインター

説明

mxGPUCreateMxArrayOnGPU は MATLAB への戻り値として mxGPUArraymxArray に格納します。データは GPU 上に残り、MATLAB に返されるクラスは gpuArray となります。この呼び出しの後では mxGPUArray オブジェクトは不要になるため、破棄することができます。

参考

|

この情報は役に立ちましたか?