ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

mxGPUCreateGPUArray (C)

GPU にメモリを割り当て、mxGPUArray オブジェクトを作成する

C 構文

#include "gpu/mxGPUArray.h"
mxGPUArray* mxGPUCreateGPUArray(mwSize const ndims,
                                mwSize const * const dims,
                                mxClassID const cid,
                                mxComplexity const ccx,
                                mxGPUInitialize const init0)

引数

ndims

作成される mxGPUArray の次元数を指定する mwSize

dims

作成される mxGPUArray の各次元のサイズを指定する mwSize ベクトルへのポインター

cid

作成される mxGPUArray の要素クラスを指定する mxClassID

ccx

作成される mxGPUArray の実数/複素数を指定する mxComplexity

init0

作成される mxGPUArray で要素の値を 0 に初期化するかどうかを指定する mxGPUInitialize

  • MX_GPU_INITIALIZE_VALUES の値は、要素が 0 に初期化されるよう指定します。

  • MX_GPU_DO_NOT_INITIALIZE の値は、要素が初期化されないよう指定します。

戻り値

mxGPUArray へのポインター

説明

mxGPUCreateGPUArray は、指定されたサイズ、型、実数/複素数を使用して新しい mxGPUArray オブジェクトを作成します。また、必要なメモリを GPU に割り当て、必要に応じてメモリを初期化します。

この関数は CPU に新しい mxGPUArray オブジェクトを割り当てます。使い終わったら、mxGPUDestroyGPUArray を使用してオブジェクトを削除してください。

参考

|

この情報は役に立ちましたか?