ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

gcp

現在の並列プールの取得

構文

  • p = gcp
  • p = gcp('nocreate')

説明

p = gcp は、現在の並列プールを表す parallel.Pool オブジェクトを返します。現在のプールは並列言語機能 parforspmddistributedCompositeparfevalparfevalOnAll などが実行される場所です。

並列プールが存在しない場合、gcp は新しい並列プールを起動し、その並列プールのプール オブジェクトを返します。ただし、並列設定でプールの自動起動が無効になっている場合を除きます。並列プールが存在せず、プールの自動起動も無効になっている場合、gcp は空のプール オブジェクトを返します。

現在のプールが存在する場合、p = gcp('nocreate') は現在のプールを返します。プールがない場合、'nocreate' オプションを使用すると、並列設定の内容にかかわらず gcp はプールを作成しません。

すべて展開する

現在のプールのサイズ検出

現在の並列プールにあるワーカーの数を検出します。

p = gcp('nocreate'); % If no pool, do not create new one.
if isempty(p)
    poolsize = 0;
else
    poolsize = p.NumWorkers
end

現在のプールの削除

並列プール オブジェクトを使用して、現在のプールを削除します。

delete(gcp('nocreate'))

参考

| | | | | | |

この情報は役に立ちましたか?