ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

zgrid

減衰係数と固有振動数の z 平面グリッドを生成する

構文

zgrid
zgrid(z,wn)
zgrid([],[])

説明

zgrid は、根軌跡図または極 - 零点図で 0.1 刻みでゼロから 1 の減衰係数、π/10 刻みでゼロから π の固有振動数のグリッドを生成して、グリッドを現在の軸上にプロットします。現在の軸上に離散 z 平面の根軌跡図または極 - 零点図が含まれる場合、関数 zgrid は現在の軸の制限値を変更することなくプロット上にグリッドを描画します。

zgrid(z,wn) は、減衰比と正規化された固有振動数のためにそれぞれベクトル zwn で減衰係数と固有振動数の線のグリッドをプロットします。現在の軸上に離散 z 平面の根軌跡図または極 - 零点図が含まれる場合、 zgrid(z,wn) はプロット上にグリッドを描画します。正規化されていない (真の) 周波数の周波数線を次の構文を使用してプロットすることができます。

zgrid(z,wn/Ts)

ここで Ts はサンプル時間になります。

zgrid([],[]) は単位円を描画します。

あるいは、右クリック メニューの [グリッド] をクリックして、同じ z 平面グリッドを生成することもできます。

次のシステムに対して z 平面グリッド線を根軌跡上にプロットします。

それには、次のように入力します。

H = tf([2 -3.4 1.5],[1 -1.6 0.8],-1)
Transfer function:
2 z^2 - 3.4 z + 1.5
-------------------
 z^2 - 1.6 z + 0.8

Sampling time: unspecified

根軌跡プロット上の z 平面グリッドを確認するには、次のように入力します。

rlocus(H)
zgrid
axis('square')

参考

| |

この情報は役に立ちましたか?