ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

nicholsoptions

ニコルス線図オプションの一覧を作成

構文

P = nicholsoptions
P = nicholsoptions('cstprefs')

説明

P = nicholsoptionsは、既定の値を設定したときにニコルス線図で使用可能なオプションの一覧を返します。これらのオプションを使用して、コマンド ラインからニコルス線図の外観をカスタマイズすることができます。

P = nicholsoptions('cstprefs') は、Control System Toolbox™ の [設定エディター] で選択したオプションでプロット オプションを初期化します。エディターの詳細は、『ユーザー ガイド』ドキュメンテーションの「ツールボックス設定エディター」を参照してください。

ニコルス線図オプションを次の表にまとめます。

オプション説明
Title, XLabel, YLabelテキストとスタイルのラベル
TickLabel目盛りラベルのスタイル
Grid グリッドの表示と非表示
次のいずれかの文字列として指定。'off' | 'on'
既定値: 'off'
XlimMode, YlimMode 範囲制限のモード
Xlim, Ylim座標軸の範囲
IOGrouping 入出力の組のグループ化
次のいずれかの文字列として指定。'none' |'inputs'|'output'|'all'
既定値: 'none'
InputLabels, OutputLabels 入力と出力のラベルのスタイル
InputVisible, OutputVisible入力と出力のチャンネルの可視化
FreqUnits

周波数単位。以下のいずれかの文字列として指定。

  • 'Hz'

  • 'rad/second'

  • 'rpm'

  • 'kHz'

  • 'MHz'

  • 'GHz'

  • 'rad/nanosecond'

  • 'rad/microsecond'

  • 'rad/millisecond'

  • 'rad/minute'

  • 'rad/hour'

  • 'rad/day'

  • 'rad/week'

  • 'rad/month'

  • 'rad/year'

  • 'cycles/nanosecond'

  • 'cycles/microsecond'

  • 'cycles/millisecond'

  • 'cycles/hour'

  • 'cycles/day'

  • 'cycles/week'

  • 'cycles/month'

  • 'cycles/year'

既定値:'rad/s'

また、TimeUnit プロパティで指定されたシステム時間単位に相対的な周波数単位 rad/TimeUnit を使用する 'auto' も指定できます。異なる時間単位のある複数のシステムでは、最初のシステムの単位が使用されます。

MagLowerLimModeゲインの下限指定を有効化
次のいずれかの文字列として指定。'auto' | 'manual'
既定値: 'auto'
MagLowerLimゲインの下限を指定
PhaseUnits 位相単位
次のいずれかの文字列として指定。'deg' | 'rad'
既定値: 'deg'
PhaseWrapping 位相のラッピングを有効化
次のいずれかの文字列として指定。'on' | 'off'
既定値: 'off'
PhaseMatching 位相の一致を有効化
次のいずれかの文字列として指定。'on' | 'off'
既定値: 'off'
PhaseMatchingFreq一致する位相に対する周波数
PhaseMatchingValue近い位相応答を作成するための値

この例では、位相単位を設定し、ニコルス線図のグリッド オプションを有効にします。

P = nicholsoptions; % Set phase units to radians and grid to on in options
P.PhaseUnits = 'rad';
P.Grid = 'on'; % Create plot with the options specified by P
h = nicholsplot(tf(1,[1,.2,1,0]),P);

位相単位がラジアンでグリッドが有効化された次のニコルス線図が作成されます。

参考

| |

この情報は役に立ちましたか?