ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

lqry

出力に重み付けを行った線形 2 次 (LQ) 状態フィードバック レギュレーターを設計

構文

[K,S,e] = lqry(sys,Q,R,N)

説明

次のプラントを考えます。

またはその離散時間の等価物に対して lqry は次の状態フィードバック制御を設計します。

これは出力に重み付けを行った 2 次コスト関数を最小化します。

(またはその離散時間の等価物)。関数 lqry は、次の重み行列をもつ lqr または dlqr と等価です。

[K,S,e] = lqry(sys,Q,R,N) は最適ゲイン行列 K、リカッチの解 S、および閉ループ固有値 e = eig(A-B*K) を返します。状態空間モデル sys は連続時間、または離散時間のプラント データ (A, B, C, D) を指定します。N を省略すると、既定値は N=0 と見なされます。

例については、「X 軸に対する LQG 設計」を参照してください。

制限

データ lqr または dlqr の要件を満たさなければなりません。

参考

| | |

この情報は役に立ちましたか?