ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

isstatic

モデルが静的か動的かの判定

構文

  • B = isstatic(sys)
  • B = isstatic(sys,'elem')

説明

B = isstatic(sys) は、モデル sys が静的モデルの場合に 1 (真) を返し、sys が状態や遅延などのダイナミクスをもつ場合は 0 (偽) を返します。sys がモデル配列の場合、sys 内のすべてのモデルが静的であれば B は真となります。

B = isstatic(sys,'elem') は、モデル配列 sys 内の各モデルをチェックし、sys と同じサイズの論理配列を返します。この論理配列は、sys のどのモデルが静的かを示します。

入力引数

すべて展開する

sys - チェックするモデルまたは配列入出力モデル | モデル配列

入出力モデルまたはモデル配列として指定された、チェックするモデルまたは配列。入出力モデルには、数値 LTI モデルや一般化モデルなどの動的システム モデルが含まれます。入出力モデルにはまた、調整可能なパラメーターや一般化行列などの静的モデルも含まれます。

出力引数

すべて展開する

B - 入力モデルが静的かどうか示すフラグ論理値 | 論理配列

論理値または論理配列として返される、入力モデルが静的かどうかを示すフラグ。

参考

| |

この情報は役に立ちましたか?