ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

iopzmap

モデルの I/O 組に対する極零点配置図をプロット

構文

iopzmap(sys)
iopzmap(sys1,sys2,...)

説明

iopzmap(sys) は、動的システム モデル sys の各入力/出力ペアの極と零点を計算し、プロットします。極は x で、零点は o でプロットします。

iopzmap(sys1,sys2,...) は、1 つのプロットに複数のモデル sys1sys2、... の零点と極を表示します。次のように、各モデルに対して、別々の色を指定することができます。iopzmap(sys1,'r',sys2,'y',sys3,'g')

関数 sgrid または zgrid を用いて、減衰比および固有振動数を s 平面または z 平面にプロットすることができます。

モデルの配列に対して、iopzmap は、配列の各モデルの極と零点を、同一の図上にプロットします。

例 1

1 入力、2 出力システムを作成し、I/O 組の極零点配置図をプロットします。

H = [tf(-5 ,[1 -1]); tf([1 -5 6],[1 1 0])];
iopzmap(H) 

例 2

入出力データを使用して推定された、過剰にパラメーター化された状態空間モデルの極と零点を表示します。

load iddata1
sys = ssest(z1,6,ssestOptions('focus','simulation'))
iopzmap(sys)

このプロットは、ほぼ重複する 2 つの極-零点の組があり、冗長の可能性があることを示しています。

詳細

すべて展開する

ヒント

単位などのプロットのプロパティを変更することができます。プロットのプロパティの変更方法の詳細は、「プロットをカスタマイズする方法」を参照してください。

参考

| | | | |

この情報は役に立ちましたか?