ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

d2cOptions

離散時間から連続時間への変換のためのオプション セットを作成

構文

opts = d2cOptions
opts = d2cOptions(Name,Value)

説明

opts = d2cOptions は、d2c のための既定のオプションを返します。

opts = d2cOptions(Name,Value) は、1 つまたは複数の Name,Value ペア引数により指定されるオプションをもつオプション セットを作成します。

入力引数

名前/値のペアの引数

'method'

離散化メソッド。以下のいずれかの値として指定。

'zoh'ゼロ次ホールド。ここで、d2c は制御入力をサンプリング周期 Ts 間中、区分的に一定と仮定します。
'foh'

入力の線形内挿 (修正された 1 次ホールド)。制御入力はサンプリング期間中、区分的に線形であると仮定します。

'tustin'双一次 (Tustin) 変換既定では、d2c はプリワープを付けないで変換します。プリワープを含めるには、PrewarpFrequency オプションを使用します。
'matched'極-零点マッチング法。 ([1] の 224 ページを参照)

既定値: 'zoh'

'PrewarpFrequency'

rad/TimeUnit で指定する 'tustin' メソッドのプリワープ周波数。ここで、TimeUnit は時間単位であり、離散時間システムの TimeUnit プロパティで指定されます。プリワープ周波数を正のスカラー値として指定します。値 0 は、プリワープのない 'tustin' メソッドに対応します。

既定値: 0

変換法についての詳細は、「連続/離散の変換方法」を参照してください。

周波数プリワーピングをもつ 'tustin' メソッドを使用して、離散時間モデルを連続時間モデルに変換します。

離散時間伝達関数 を作成します。

hd = tf([1 1], [1 1 1], 0.1);  % 0.1s sampling time

連続時間に変換するには、d2cOptions を使用してオプション セットを作成します。

opts = d2cOptions('Method', 'tustin', 'PrewarpFrequency', 20);
hc = d2c(hd, opts);

opts を使用して、同じオプションを使用する追加のモデルをリサンプルできます。

参照

[1] Franklin, G.F., Powell,D.J., and Workman, M.L., Digital Control of Dynamic Systems (3rd Edition), Prentice Hall, 1997.

参考

この情報は役に立ちましたか?