ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

bodemag

LTI モデルのボード ゲイン応答

構文

bodemag(sys)
bodemag(sys,{wmin,wmax})
bodemag(sys,w)
bodemag(sys1,sys2,...,sysN,w)

説明

bodemag(sys) は、「動的システム モデル」 sys の周波数応答のゲイン (位相プロットのないボード線図) をプロットします。周波数範囲と点数は自動的に選択されます。

bodemag(sys,{wmin,wmax})wmin から wmax までの周波数 (rad/TimeUnit 単位、TimeUnitsysTimeUnit プロパティで指定される、入力動的システムの時間単位) のゲインプロットを描画します。

bodemag(sys,w) は、ユーザーが rad/TimeUnit 単位で指定した周波数のベクトル W を使用します。この周波数で周波数応答が評価されることになります。

bodemag(sys1,sys2,...,sysN,w) は、1 つのプロットに複数のモデル sys1sys2...,sysN の周波数応答のゲインを表示します。周波数ベクトル w は、オプションです。各モデルに対して、色、ライン スタイルおよびマーカーを設定することもできます。以下に例を示します。

bodemag(sys1,'r',sys2,'y--',sys3,'gx')

参考

|

この情報は役に立ちましたか?