ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

pskmod

位相シフト キーイング変調

構文

y = pskmod(x,M)
y = pskmod(x,M,ini_phase)
y = pskmod(x,M,ini_phase,symbol_order)

説明

y = pskmod(x,M) は、位相シフト キーイング変調を使用して、メッセージ信号 x の複素エンベロープ y を出力します。M はアルファベット サイズで 2 の整数のべき乗でなければなりません。メッセージ信号は、0 から M-1 の整数で構成されなければなりません。変調の初期位相はゼロです。x が複数の行と列をもつ行列である場合、この関数は列を個別に処理します。

y = pskmod(x,M,ini_phase) は、変調の初期位相をラジアン単位で指定します。

y = pskmod(x,M,ini_phase,symbol_order) は、どのようにバイナリ ワードを対応する整数に割り当てるかを指定します。symbol_order'bin' (既定値) に設定されている場合、関数は通常のバイナリ コードの順序を使用します。symbol_order'gray' に設定されている場合は、関数はグレイ コンスタレーションの順序を使用します。

「16-PSK コンスタレーション プロットの作成」pskdemod のリファレンス ページの例はこの関数を使用します。

参考

| | | | | | |

この情報は役に立ちましたか?