ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

intdump

構文

y = intdump(x,nsamp)

説明

y = intdump(x,nsamp) は信号 x を 1 シンボル周期にわたり積分し、1 つの平均値を Y に出力します。nsamp はシンボルごとのサンプル数です。2 次元信号では、この関数によって 1 つの列が 1 つのチャネルとして扱われます。

この関数を変調で利用した例は「パルス整形とフィルター処理の変調との組み合わせ」にあります。

 

それぞれが 4 つのサンプルで構成される 3 シンボルのデータを含む 2 つの独立チャネルを処理します。

s = rng;
rng(68521);
nsamp = 4; % Number of samples per symbol
ch1 = randi([0 1],3*nsamp,1); % Random binary channel
ch2 = rectpulse([1 2 3]',nsamp); % Rectangular pulses
x = [ch1 ch2]; % Two-channel signal
y = intdump(x,nsamp)
rng(s);

出力は以下のようになります。各列は 1 つのチャネルに対応し、各行は 1 つのシンボルに対応します。

y =

    0.5000    1.0000
    0.5000    2.0000
    1.0000    3.0000

参考

この情報は役に立ちましたか?