ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

deintrlv

シンボル順序の復元

構文

deintrlvd = deintrlv(data,elements)

説明

deintrlvd = deintrlv(data,elements) は、intrlv の逆関数として機能し、data の要素の元の順序を復元します。data が長さ N のベクトルまたは N 行の行列である場合、elements は、1 ~ N の整数の順序を変更する長さ N のベクトルです。この関数を関数 intrlv の逆関数として使用するには、両方の関数で同じ elements 入力を使用します。その場合、両関数は関数 intrlv の後に関数 deintrlv を適用してもデータが変更されないという意味で、逆関数といえます。

以下のコードは、intrlvdeintrlv の逆関数の関係を説明しています。

p = randperm(10); % Permutation vector
a = intrlv(10:10:100,p); % Rearrange [10 20 30 ... 100].
b = deintrlv(a,p) % Deinterleave a to restore ordering.

出力は以下のようになります。

b =

    10    20    30    40    50    60    70    80    90   100

参考

この情報は役に立ちましたか?