ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

CPM Phase Recovery

2P-Power メソッドを使用して搬送波位相を復元

ライブラリ

Synchronization の Carrier Phase Recovery サブライブラリ

説明

CPM Phase Recovery ブロックは 2P-Power メソッドを使用して、入力信号の搬送波位相を復元します。このフィードフォワード、非データ支援、クロック支援のメソッドは、以下のベースバンド変調方式を使用するシステムに適しています。連続位相変調 (CPM)、最小シフト キーイング (MSK)、連続位相周波数シフト キーイング (CPFSK)、およびガウス最小シフト キーイング (GMSK)。このブロックは、ベースバンド連続位相変調ライブラリでの使用に適しています。

CPM の変調指数を適切な分数、h = K / P で表す場合、P は名前 "2P-Power" が参照する数字です。観測間隔のパラメーターは、入力信号のベクトルの長さの整数倍でなければなりません。

2P-Power メソッドは、搬送波位相が一連の連続シンボルに対する定数であるとみなし、これらの一連のシンボルに対する搬送波位相の推定値を返します。[Observation interval] パラメーターは、搬送波位相が定数であると仮定したシンボルの数です。この数は、入力信号のベクトルの長さの整数倍でなくてはなりません。

入力信号と出力信号

このブロックは、double または single のスカラーまたは列ベクトルの入力信号を受け入れます。入力信号はベースバンド信号をシンボル レートで示すので、シンボルごとに 1 つのサンプルを含む複素ベクトルでなければなりません。

出力は以下のとおりです。

  • Sig とラベル付けされた出力端子は、回転量を搬送波位相の推定値に等しいとして、入力信号を反時計回りに回転させた結果を出力します。したがって、Sig 出力は入力信号の修正バージョンであり、入力信号と同じサンプル時間とベクトル サイズになります。

  • Ph とラベル付けされた出力端子は、観測区間の全シンボルに対して搬送波位相の推定値を度単位で出力します。Ph 出力はスカラー信号です。

      メモ:    ブロックによって複素数の引数が内部的に計算されるため、搬送波位相の推定に特有の曖昧さが含まれます。搬送波位相の推定値は -90/P ~ 90/P 度の間で、実際の搬送波位相とは 180/P 度の整数倍異なる場合があります。

遅延と待ち時間

このブロックのアルゴリズムは、搬送波位相の 1 回の推定値を計算する前に [Observation interval] の長さの期間、シンボルを収集しなければなりません。このため、各推定では [Observation interval] シンボル分の遅れが生じ、訂正された信号は入力信号に対して [Observation interval] の待ち時間が発生します。

ダイアログ ボックス

P

適切な分数で表された場合の CPM の変調指数の分母 (h = K / P)。

Observation interval

搬送波位相が定数であると仮定したシンボルの数です。観測間隔のパラメーターは、入力信号のベクトルの長さの整数倍でなければなりません。

このパラメーターが入力信号のベクトル長と正確に一致するとき、ブロックは常に正しく機能します。整数の乗数が 1 でない場合は、[Simulation][Configuration Parameters][Solver] を選択し、

[Tasking mode for periodic sample times][SingleTasking] に設定します。

アルゴリズム

観測間隔の間に生じたシンボルが x(1)、x(2)、x(3)、...、x(L) である場合、搬送波位相の推定値は次のようになります。

この関数 arg は、-180 度から 180 度までの値を返します。

参照

[1] Mengali, Umberto, and Aldo N. D'Andrea, Synchronization Techniques for Digital Receivers, New York, Plenum Press, 1997.

この情報は役に立ちましたか?