ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

comm.Descrambler System Object

パッケージ: comm

入力信号のデスクランブル

説明

Descrambler オブジェクトは、スカラーまたは列ベクトル入力信号のスクランブルを解除します。Descrambler オブジェクトは Scrambler オブジェクトの逆です。送信機で Scrambler オブジェクトを使用する場合、関連受信機で Descrambler オブジェクトを使用します。

構築

H = comm.Descrambler はデスクランブラー System object™ H を作成します。このオブジェクトは、Polynomial プロパティで指定する線形フィードバック シフト レジスタを使用して入力データをデスクランブルします。

H = comm.Descrambler(Name,Value) は、指定の各プロパティが指定の値に設定されたデスクランブラー オブジェクト H を作成します。(Name1,Value1,...,NameN,ValueN) のように、追加の名前/値の組み合わせ引数を任意の順番で指定できます。

H = comm.Descrambler(N,POLY,COND,Name,Value) は、Descrambler オブジェクト H を作成します。このオブジェクトは、CalculationBase プロパティを N に設定し、Polynomial プロパティを POLY に、InitialConditions プロパティを COND に設定して、他の指定のプロパティを指定の値に設定しています。

プロパティ

CalculationBase

入力データの範囲

正の整数、スカラー値として計算ベースを指定します。step メソッドの入出力整数は、範囲が [0, CalculationBase–1] になります。既定の設定は 4 です。

Polynomial

線形フィードバック シフト レジスタ接続

シフト レジスタのフィードバック接続を決定する多項式を指定します。既定の設定は [1 1 1 0 1] です。生成多項式は、z-1 の昇べき順に多項式の係数を列挙する、数値のバイナリ ベクトルとして指定できます。ここで、p(z–1) = 1 + p1z–1 + p2z-2 + ... は生成多項式です。最初と最後の要素は 1 でなければなりません。また、生成多項式を数値ベクトルとして指定することもできます。このベクトルは、多項式の非ゼロの項の z-1 の指数を z–1 の昇べきの順に含みます。この場合、最初のベクトル要素は 0 でなければなりません。たとえば、[1 0 0 0 0 0 1 0 1][0 -6 -8] は両方とも同一の多項式 を指定します。

InitialConditions

線形フィードバック シフト レジスタの初期値

線形フィードバック シフト レジスタの初期値を [0 CalculationBase–1] の値の整数列ベクトルとして指定します。既定の設定は [0 1 2 3] です。このプロパティ ベクトルの長さは、Polynomial プロパティ ベクトルの次数と同じでなければなりません。

メソッド

clone同一プロパティ値をもつ Descrambler オブジェクトを作成する
getNumInputsstep メソッドへの予想される入力数
getNumOutputsstep メソッドからの出力数
isLocked入力属性と調整不可能なプロパティのロック状態
releaseプロパティ値と入力特性の変更を許可する
resetDescrambler オブジェクトの状態のリセット
step入力信号のデスクランブル

範囲 [0 7] の値で乱数データをスクランブルおよびデスクランブルします。

    % Create scrambler and descrambler objects with calculation base of 8
    N = 8;
    hSCR = comm.Scrambler(N, [1 0 1 1 0 1 0 1],...
            [0 3 2 2 5 1 7]);                  
    hDSCR = comm.Descrambler(N, [1 0 1 1 0 1 0 1],...
            [0 3 2 2 5 1 7]); 
    for counter = 1:10
      data = randi([0 N-1], 4, 1);
      scrData = step(hSCR, data);
      deScrData = step(hDSCR, scrData);
      [data, scrData, deScrData]
    end

アルゴリズム

このオブジェクトは、Descrambler ブロックのリファレンス ページで説明されているアルゴリズム、入力、および出力を実装しています。オブジェクト プロパティはブロック パラメーターに対応します。

参考

|

この情報は役に立ちましたか?