ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

comm.CPMCarrierPhaseSynchronizer System Object

パッケージ: comm

ベースバンド CPM 信号の搬送波位相を復元する

説明

CPMCarrierPhaseSynchronizer オブジェクトは、2P-Power メソッドを使用して、入力信号の搬送波位相を復元します。このフィードフォワード メソッドはクロック支援であり、データ支援ではありません。このメソッドは、特定のタイプのベースバンド変調を使用するシステムに適しています。これらのタイプには以下が含まれます。連続位相変調 (CPM)、最小シフト キーイング (MSK)、連続位相周波数シフト キーイング (CPFSK)、およびガウス最小シフト キーイング (GMSK)。

構築

H = comm.CPMCarrierPhaseSynchronizer は CPM 搬送波位相シンクロナイザー System object™ H を作成します。このオブジェクトは、2P-Power メソッドを使用して、ベースバンド連続位相変調 (CPM)、最小シフト キーイング (MSK)、連続位相周波数キーイング (CPFSK)、およびガウス最小シフト キーイング (GMSK) 変調信号の搬送波位相を回復します。

H = comm.CPMCarrierPhaseSynchronizer(Name,Value) は、CPM Carrier Phase Synchronizer オブジェクト H を作成します。このオブジェクトの各指定プロパティは指定の値に設定されています。(Name1,Value1,...,NameN,ValueN) のように、追加の名前/値の組み合わせ引数を任意の順番で指定できます。

H = comm.CPMCarrierPhaseSynchronizer(HALFPOW,Name,Value) は CPM Carrier Phase Synchronizer オブジェクト H を作成します。このオブジェクトは、P プロパティを HALFPOW に設定し、指定の他のプロパティは指定の値に設定しています。

プロパティ

P

CPM 変調指数の分母

単精度または倍精度データ型の、実数の正のスカラー整数値として、入力信号の CPM 変調指数の分母を指定します。既定の設定は 2 です。このプロパティは調整可能です。

ObservationInterval

搬送波位相が定数であると仮定したシンボルの数

単精度または倍精度のデータ型の実数の正のスカラー整数値として、観測値間隔を指定します。既定の設定は 100 です。

メソッド

clone同一の値をもつ CPM Carrier Phase Synchronizer オブジェクトを作成する
getNumInputs予想される step メソッドへの入力数
getNumOutputsstep メソッドからの出力数
isLocked入力属性と調整不可能なプロパティのロック状態
releaseプロパティ値および入力特性を変更可能にする
resetCPM Carrier Phase Synchronizer オブジェクトの状態のリセット
stepベースバンド CPM 信号の搬送波位相を復元する

2P-Power メソッドを使用して CPM 信号の搬送波位相を復元します。

M = 16;
P = 2;
phOffset = 10 *pi/180;  % in radians
numSamples = 100;
% Create CPM modulator System object
  hMod = comm.CPMModulator(M, 'InitialPhaseOffset',phOffset, ...
    'BitInput',true, 'ModulationIndex',1/P, 'SamplesPerSymbol',1);
% Create CPM carrier phase synchronizer System object
  hSync = comm.CPMCarrierPhaseSynchronizer(P,...
    'ObservationInterval',numSamples);
% Generate random binary data
    data = randi([0 1],numSamples*log2(M),1);
% Modulate random data and add carrier phase
    modData = step(hMod, data);
% Recover the carrier phase
    [recSig phEst] = step(hSync, modData);
   fprintf('The carrier phase is estimated to be %g degrees.\n', phEst);

アルゴリズム

このオブジェクトは、CPM Phase Recovery ブロックのリファレンス ページで説明されているアルゴリズム、入力、および出力を実装しています。オブジェクト プロパティはブロック パラメーターに対応します。

参考

|

この情報は役に立ちましたか?