ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Charge Pump PLL

デジタル位相検出器を使用してチャージ ポンプ位相同期回路を実装する

ライブラリ

Synchronization の Components サブライブラリ

説明

Charge Pump PLL ブロックはローカルに生成された信号の位相を入力信号の位相と合うように自動的に調整します。これは、デジタル信号で使用するのに適しています。

この PLL には 3 つのコンポーネントがあります。

  • デジタル位相検出器とも呼ばれる順序論理位相検出器または位相/周波数検出器。

  • フィルター。[Lowpass filter numerator] パラメーターおよび [Lowpass filter denominator] パラメーターを使用して、フィルター伝達関数を指定します。これらは、各多項式の係数を s の降べき順で示すベクトルとなります。

    フィルターを設計するには、Signal Processing Toolbox™ ソフトウェアの関数 buttercheby1、および cheby2 などを使用します。既定のフィルターはチェビシェフ II型フィルターで、その伝達関数は次のコマンドで表示されます。

    [num, den] = cheby2(3,40,100,'s')
  • 電圧制御発信器 (VCO)。[VCO input sensitivity][VCO quiescent frequency][VCO initial phase]、および [VCO output amplitude] パラメーターを使用して、VCO の特性を指定します。

このブロックの入力信号は、サンプルベースのスカラーを受け入れます。入力信号は受信した信号を表します。3 つの出力端子からは、次のものが作成されます。

  • フィルターの出力

  • 位相検出器の出力

  • VCO の出力

順序論理位相検出器は、信号波形のゼロクロッシング上で動作します。入力信号と VCO 信号の位相差の平衡点は π になります。順序論理位相検出器は、VCO と入力信号周波数間に存在する可能性のある周波数差を補正できます。このため、順序論理位相検出器は周波数検出器として動作します。

ダイアログ ボックス

Lowpass filter numerator

ローパス フィルター伝達関数の分子で、係数を s の降べき順で示したベクトルとして表現されます。

Lowpass filter denominator

ローパス フィルター伝達関数の分母で、係数を s の降べき順で示したベクトルとして表現されます。

VCO input sensitivity (Hz/V)

この値は入力を VCO にスケーリングし、その結果、[VCO quiescent frequency] 値からのシフトをスケーリングします。[VCO input sensitivity] の単位は Hz/V です。

VCO quiescent frequency (Hz)

適用される電圧が 0 の場合の VCO 信号の周波数。これは入力信号の周波数と一致しなければなりません。

VCO initial phase (rad)

VCO 信号の初期位相です。

VCO output amplitude

VCO 信号の振幅。

参照

位相同期回路の詳細は、『Communications System Toolbox™ ユーザー ガイド』の「同期の参考文献」に記載されている文献を参照してください。

この情報は役に立ちましたか?