ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Bit to Integer Converter

ビットのベクトルを対応する整数のベクトルに割り当てる

ライブラリ

Utility Blocks

説明

Bit to Integer Converter ブロックは、入力ベクトル内のビットのグループを出力ベクトル内の整数に割り当てます。M は、各出力整数にいくつのビットが割り当てられるかを定義します。

符号なし整数に対し M が [Number of bits per integer] である場合、このブロックは M ビットの各グループを 0 ~ 2M-1 の間の整数に割り当てます。 その結果、出力ベクトル長は入力ベクトル長の 1/M 倍になります。符号付き整数に対し M が [Number of bits per integer] である場合、このブロックは M ビットの各グループを –2M-1 ~ 2M-1-1 の間の整数に割り当てます。

このブロックは、[Number of bits per integer] パラメーターに指定された値の整数倍の列ベクトル入力信号を受け入れます。このブロックが受け入れる入力データ型は、doublesinglebooleanint8uint8int16uint16int32uint32 および ufix1 です。

ダイアログ ボックス

Number of bits per integer

ブロックが出力の各整数に割り当てる入力ビットの数。このパラメーターは 1 から 32 の間の整数でなければなりません。

Input bit order

入力信号の 1 番目のビットが最上位ビット (MSB) か最下位ビット (LSB) かを定義します。既定の選択は、MSB です。

After bit packing, treat resulting integer value as

整数値入力範囲を符号付きとして扱うか、符号なしとして扱うかを示します。既定の設定は、[Unsigned] です。

    メモ:   このパラメーター設定で使用できる [Output data type] が決まります。

Output data type

入力値が符号なし整数の場合、以下の [Output data type] オプションを選択できます。

  • Inherit via internal rule

  • Smallest integer

  • Same as input

  • double

  • single

  • int8

  • uint8

  • int16

  • uint16

  • int32

  • uint32

入力値が符号付き整数の場合、以下の [Output data type] オプションを選択できます。

  • Inherit via internal rule

  • Smallest integer

  • double

  • single

  • int8

  • int16

  • int32

このパラメーターの既定の選択は [Inherit via internal rule] です。

パラメーターを [Inherit via internal rule] に設定した場合、ブロックは入力データ型に基づいて、出力データ型を決めます。

  • 入力信号が浮動小数点 (double または single) の場合、出力データ型は入力データ型と同じです。

  • 入力信号のデータ型が浮動小数点ではない場合、出力のデータ型は、パラメーターが [Smallest integer] に設定されているものとして、決定されます。

パラメーターを [Smallest integer] に設定した場合、ソフトウェアは [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ハードウェア実行] ペインで使用した設定に基づいて、出力データ型を選択します。

  • [ASIC/FPGA] が選択されている場合、出力データ型は [Number of bits per integer] パラメーターの設定に基づいて、最小理想整数または固定小数点データ型になります。

  • 他のすべての選択の場合、出力データ型は理想的な最小ビット サイズに適合する十分な大きさの利用可能な最小の (符号付きまたは符号なし) 整数語長になります。

ペア ブロック

Integer to Bit Converter

この情報は役に立ちましたか?