ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

berawgn

コーディングされていない AWGN チャネルのビット誤り率 (BER)

構文

ber = berawgn(EbNo,'pam',M)
ber = berawgn(EbNo,'qam',M)
ber = berawgn(EbNo,'psk',M,dataenc)
ber = berawgn(EbNo,'oqpsk',dataenc)
ber = berawgn(EbNo,'dpsk',M)
ber = berawgn(EbNo,'fsk',M,coherence)
ber = berawgn(EbNo,'fsk',2,coherence,rho)
ber = berawgn(EbNo,'msk',precoding)
ber = berawgn(EbNo,'msk',precoding,coherence)
berlb = berawgn(EbNo,'cpfsk',M,modindex,kmin)
[BER,SER] = berawgn(EbNo, ...)

代替方法

関数 berawgn の代わりに、BERTool GUI (bertool) を呼び出して [Theoretical] タブを使用することもできます。

説明

すべての構文に対して

関数 berawgn は、加法的ホワイト ガウス ノイズ (AWGN) チャネル上での各種の変調方式の BER を返します。最初の入力引数 EbNo は、ビット エネルギーとノイズパワー スペクトル密度の比を dB 単位で表したものです。EbNo がベクトルの場合、出力 ber はサイズが同じで、要素がさまざまな Eb/N0 レベルに相当するベクトルです。関数の 2 番目の入力引数に対応する、サポートされている変調方式を次の表に示します。

変調方式2 番目の入力引数
位相シフト キーイング (PSK) 'psk'
オフセット四相位相シフト キーイング (OQPSK)'oqpsk'
差動位相シフト キーイング (DPSK) 'dpsk'
パルス振幅変調 (PAM) 'pam'
直交振幅変調 (QAM) 'qam'
周波数シフト キーイング (FSK) 'fsk'
最小シフト キーイング (MSK) 'msk'
連続位相周波数シフト キーイング (CPFSK) 'cpfsk'

大半の構文には、変調のアルファベット サイズを指定する M 入力もあります。ある正の整数 k に対して、M の形式は 2k でなければなりません。あらゆる場合において、この関数ではグレイ符号コンスタレーションが使用されると仮定します。

特定の構文に対して

ber = berawgn(EbNo,'pam',M) は、AWGN チャネル上で同期復調を行った場合のコーディングされていない PAM の BER を返します。

ber = berawgn(EbNo,'qam',M) は、AWGN チャネル上で同期復調を行った場合のコーディングされていない QAM の BER を返します。アルファベット サイズ M は 4 以上でなければなりません。 が奇数の場合、サイズ の四角形コンスタレーションが使用されます。ここで、 かつ です。

ber = berawgn(EbNo,'psk',M,dataenc) は、AWGN チャネル上で同期検波されたコーディングされていない PSK の BER を返します。dataenc は、差分データ エンコードの場合は 'diff'、非差分データ エンコードの場合は 'nondiff' です。dataenc'diff' の場合、M は 4 以下でなければなりません。

ber = berawgn(EbNo,'oqpsk',dataenc) は、コーディングされていない AWGN チャネル上で同期検波されたオフセット QPSK の BER を返します。

ber = berawgn(EbNo,'dpsk',M) は、AWGN チャネル上のコーディングされていない DPSK 変調の BER を返します。

ber = berawgn(EbNo,'fsk',M,coherence) は、AWGN チャネル上のコーディングされていない直交 FSK 変調の BER を返します。coherence は、コヒーレント復調の場合は 'coherent'、非コヒーレント復調の場合は 'noncoherent' です。'noncoherent' に対して、M は 64 以下でなければなりません。

ber = berawgn(EbNo,'fsk',2,coherence,rho) は、コーディングされていない AWGN チャネル上でバイナリ非直交 FSK の BER を返します。ここで、rho は複素相関係数です。複素相関係数の定義と非直交 BFSK について計算する方法の詳細は、「コヒーレント検出を使用した非直交 2-FSK」を参照してください。

ber = berawgn(EbNo,'msk',precoding) は、コーディングされていない AWGN チャネル上で同期検波された MSK 変調 の BER を返します。precoding'off' に設定すると、従来の MSK に対する結果が返されます。それに対して、precoding'on' に設定すると、事前にコーディングされた MSK に対する結果が返されます。

ber = berawgn(EbNo,'msk',precoding,coherence) は、検波が同期式か、非同期式かを指定します。

berlb = berawgn(EbNo,'cpfsk',M,modindex,kmin) は、AWGN チャネル上のコーディングされていない CPFSK 変調の BER の下限を返します。modindex は、正の実数である変調指数です。kmin は、最小距離をもつパスの数です。この数が不明の場合、値を 1 と仮定することができます。

[BER,SER] = berawgn(EbNo, ...) は BER と SER の両方を返します。

制限

この関数の出力の数値的精度は、式の数値実装に関連する近似法によって制限されます。

一般的には関数の出力の最上位の 2、3 桁を信頼することができます。

参考文献

[1] Anderson, John B., Tor Aulin, and Carl-Erik Sundberg, Digital Phase Modulation, New York, Plenum Press, 1986.

[2] Cho, K., and Yoon, D., “On the general BER expression of one- and two-dimensional amplitude modulations”, IEEE Trans. Commun., Vol. 50, Number 7, pp. 1074-1080, 2002.

[3] Lee, P. J., “Computation of the bit error rate of coherent M-ary PSK with Gray code bit mapping”, IEEE Trans. Commun., Vol. COM-34, Number 5, pp. 488-491, 1986.

[4] Proakis, J. G., Digital Communications, 4th ed., McGraw-Hill, 2001.

[5] Simon, M. K, Hinedi, S. M., and Lindsey, W. C., Digital Communication Techniques – Signal Design and Detection, Prentice-Hall, 1995.

[6] Simon, M. K, “On the bit-error probability of differentially encoded QPSK and offset QPSK in the presence of carrier synchronization”, IEEE Trans. Commun., Vol. 54, pp. 806-812, 2006.

[7] Lindsey, W. C., and Simon, M. K, Telecommunication Systems Engineering, Englewood Cliffs, N.J., Prentice-Hall, 1973.

参考

| |

この情報は役に立ちましたか?