ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

System Object とは

System object™ は特殊化された MATLAB® オブジェクトです。システム ツールボックスには System object が含まれており、また、ほとんどのシステム ツールボックスには MATLAB 関数と Simulink® ブロックが用意されています。System object は、時間的に変化する入力をもつ動的システムの実装とシュミレーション用に特別に設計されています。信号処理、通信および制御のシステムの多くは動的です。動的システムでは、出力信号の値は、入力信号の瞬間的な値とシステムの過去の動作の両方の影響を受けます。過去の動作は、System object で内部状態を使用して保存され、次の計算手順で使用されます。結果として、System object は、ビデオやオーディオの処理システムのような大量のストリーム データを処理する反復計算用に最適化されます。

たとえば、System object は、ファイルのデータを読み取り、フィルター処理した後、その出力を他のファイルに書き込むシステムで使用できます。通常、ループの反復ごとに指定したデータ量がフィルターに渡されます。ファイル リーダー オブジェクトは状態を使用して、次のデータの読み取りを開始するファイル内の位置を記録します。同様に、ファイル ライター オブジェクトは、データが上書きされないように、出力ファイルに最後に書き込んだ位置を記録します。フィルター オブジェクトは、フィルター処理が正しく実行されるように、それ自体の内部状態を保持します。このダイアグラムは、システムの単ループを表します。

System object の多くは次をサポートしています。

  • 固定小数点演算 (Fixed-Point Designer™ ライセンスが必要)

  • C コード生成 (MATLAB Coder™ または Simulink Coder のライセンスが必要)

  • HDL コード生成 (HDL Coder™ ライセンスが必要)

  • 実行可能ファイルまたは共有ライブラリの生成 (MATLAB Compiler™ ライセンスが必要)

    メモ:   ご使用の製品のドキュメンテーションをチェックして、ご利用になりたい対象の System object について、固定小数点 、コード生成、MATLAB Compiler のサポートを確認してください。

この情報は役に立ちましたか?