MATLAB によるウェーブレット変換

  • 営業へのお問い合わせ
  • 評価版

ウェーブレット領域でスパース表現を使用した信号解析

ウェーブレット変換とは、信号周波数が経時的に変化する場合の信号解析を実行するための数学的手法です。ある種の信号や画像においては、ウェーブレット解析を適用することで、その他の信号解析手法よりも正確な信号データ情報が得られます。

ウェーブレット変換の一般的な応用分野には、下記があります:

  • 音声およびオーディオ処理
  • 画像および動画処理
  • 医療画像
  • 通信や地球物理学の 1 次元処理と 2 次元処理

ウェーブレット解析は MATLAB®Wavelet Toolbox™ で実行でき、このツールボックスではウェーブレット変換係数を計算できます。このツールボックスには、ウェーブレット フレーム表現を使用するさまざまなウェーブレット変換 (連続ウェーブレット変換、離散ウェーブレット変換、間引きなしのウェーブレット変換、定常ウェーブレット変換など) が用意されています。これらの製品は、画像圧縮、特性抽出、信号のノイズ除去、データ圧縮、および時系列分析に使用できます。

製品使用例および使い方

ソフトウェア リファレンス

参考: Signal Processing ToolboxDSP System Toolbox