画像の変換

  • 営業へのお問い合わせ
  • 評価版

画像処理における変換手法

画像変換は、画像をある領域から別の領域に変換するために適用できます。周波数やハフ空間などの領域で画像を表示すると、空間領域で簡単には検出できない特徴を識別できます。一般的な画像変換には次のようなものがあります。

  • ハフ変換: 画像から線を抽出するために使用します。
  • ラドン変換: ファンビームや平行ビームの投影データから画像を復元するために使用します。
  • 離散コサイン変換: 静止画及び動画の圧縮で使用します。
  • 離散フーリエ変換: フィルター処理および周波数解析で使用します。
  • ウェーブレット変換: 離散ウェーブレット解析や、画像のノイズ除去および融合を実行するために使用します。
Computing the Hough Transform of a Gantrycrane image
ガントリー クレーン画像のハフ変換の処理
Detecting straight lines using a radon transform
ラドン変換を使用した直線の検出

画像変換を適用するための効果的な手法としては、データ解析、視覚化、アルゴリズム開発のための統合環境を使用することが挙げられます。詳細については、MATLAB® および Image Processing Toolbox™ をご覧ください。

製品使用例および使い方

ソフトウェア リファレンス

参考: Steve の画像処理 (英語)、 画像の強調 (英語)、 デジタル画像処理 (英語)、 画像セグメンテーション (英語)、 測地学 (英語)、 地図投影 (英語)、 画像解析 幾何学的変換、画像のレジストレーション 画像および動画処理 特性抽出 (英語)、 オプティカル フロー (英語)、 カラー プロファイル (英語)、 画像解析 (英語)、 画像のしきい値処理 (英語)、 エッジ検出 (英語)、 画像のレジストレーション (英語)、 RANSAC (英語)