MATLAB and Simulink Student Version - Math software for engineering and science students - MathWorks 日本

MATLAB Student

  • 無料テクニカルキット (英語)

製品詳細

MATLAB Student でできること

MATLAB

MATLAB は対話型の環境を備えた高水準言語です。MATLAB を使うことで、プログラミングの細部に時間をかけずに、学習課題や応用に専念することができます。Java、C、C++、Fortran などの低水準言語でプログラムを記述する時間の何分の 1 かの時間で多くの数値問題を解くことが可能です。また、MATLAB ではデータの解析や可視化を自動化できるため、他の製品のように手動による繰り返し作業は必要ありません。

MATLAB は変数の宣言やメモリの割り当てなどの低水準の管理タスクを必要としない対話型の開発をサポートしているため、アルゴリズムのプログラミングや開発にかかる時間が従来の言語よりも短縮されます。何千もの技術計算関数や数学関数が用意されており、関数のコーディングやテストを一から行う必要はありません。また、算術演算子やフロー制御、データ構造、データ タイプ、オブジェクト指向プログラミング、デバッグといった従来のプログラミング言語が備える機能もすべて搭載されています。

MATLAB は、信号および画像処理、通信、制御系設計、実験計測、金融工学におけるモデリングと解析、計算生物学を含む、工学、数学、科学の広範な分野において概念の理解と応用に役立てることができます。適用分野における特殊な問題を解く場合には、特定のタスクや用途に特化した MATLAB 関数を集めたアドオン Toolbox を MATLAB 環境に追加して機能を拡張することができます。

MATLAB は技術者や科学者の生産性を向上させる標準ツールとして、百万人を超えるユーザーに支持されています。世界中の企業から MATLAB を使いこなすことによるメリットを報告する声が寄せられています。

MATLAB の相違点

MATLAB の Student Version では、プロフェッショナル版の持つすべての機能が一切の制限なく提供されています。ただし、インターフェイスに以下の若干の違いがあります。

  • Student Version の MATLAB プロンプトは EDU>>
  • 印刷出力のフッターに「Student Version of MATLAB」と印字される

Student Version でサポートされるプラットフォームは、プロフェッショナル版とは異なる場合があります。詳細については、動作環境を参照してください。

Simulink

Simulink は、制御、信号処理、通信、その他の複雑なシステムを含む動的なシステムのモデリング、シミュレーション、および解析に使用することができます。連続時間、サンプル時間、または両者の混成でモデリングされた線形システムと非線形システムがサポートされています。また、システムをマルチレートにして、異なるレートでサンプリングまたは更新された要素をシステムに含めることができます。

Simulink にはユーザーの作業を軽減するための機能が用意されています。新たにモデルを作成することも、既存のモデルに変更を追加して利用することもどちらも簡単に行えます。MATLAB 解析ツールにアクセスして、結果の取得、解析、可視化をすぐに行うことができます。Simulink は、ユーザーによる問題の設定、モデル化、結果の確認といった一連の作業をサポートし、モデリングやシミュレーションを容易に実行できる環境を提供します。

Simulink では Arduino、LEGO MINDSTORMS NXT、Raspberry Pi などの低価格ターゲット ハードウェア上でモデルのプロトタイピング、テスト、実行を行うための組み込みサポートが提供されています。制御システム、ロボット工学、オーディオ処理およびコンピューター ビジョンのアプリケーションのためのアルゴリズムを Simulink で設計して、ハードウェアで実行することが可能です。

Simulink には、設計、実装、検証、および確認のためのツールが組み込まれており、産業界において各種のモデリングに幅広く利用されています。世界中の多数の技術者や科学者が、複雑なシステムのモデリングとシミュレーション、概念の迅速なプロトタイピング、コードの量産ハードウェアへの実装にSimulink を利用しています。 Simulink は今後のキャリアを通じて役立つでしょう。

Simulink の相違点

Simulink の Student Version にはプロフェッショナル版の持つ機能がすべて提供されています。 ただし、以下の違いがあります。

  • モデル(参照モデルブロックを含む)数は 1000 ブロックに制限
  • Student Version はシミュレーションのアクセラレータおよびラピッドアクセラレータ モードには非対応
  • モデル ブロックはノーマル モードのみ対応
  • 印刷出力のフッターに「Student Version of MATLAB」と印字される

Student Version でサポートされるプラットフォームは、プロフェッショナル版とは異なる場合があります。詳細については、動作環境を参照してください。

含まれるアドオン製品

MATLAB and Simulink Student Suite には、MATLAB/Simulink に追加できる 10 個のアドオン製品が含まれており、エンジニアリング、応用数学、科学、および金融の基礎的な課程に必要なほぼすべてのツールが用意されています。

サンプルと評価版ソフトウェア

Student Version には、機能を紹介する多くのサンプル製品とサンプル コードが含まれています。また、Simulink モデルの編集と実行ができる Stateflow の評価版も含まれています。Stateflow を使用して、ステート マシンおよび制御ロジックの設計とシミュレーションを行うことができます。ただし、評価版ではモデルの保存はできません。

追加の MathWorks 製品の入手

多くの大学の履修科目において、MATLAB/Simulink 製品が標準の教育用ソフトウェアとして推奨されています。科目によっては、Student Version に付属していない Toolbox、Blockset、またはその他の製品が必要になることがあります。これらの追加製品は、MathWorks Store から学生特別価格でダウンロード購入することができます。

すべてのアドオン製品の一覧をご確認ください。